プラス思考な言葉は比較しない個性を尊重した言葉

本日はプラス思考について書きたいと思います。

幸せになる為のプラス思考でいられるようになる為には極度のネガティブ思考を変えるに向けることが重大ななことなのです。

マイナス思考をする私たちに共通する好きではない習慣ということで特有的なのは他の人と比較してみて「みんないいな・・・」というようなマイナスな考えしてしまう日々を過ごすことなのです。

仮に友人が結婚するといった知らせをよこしてきたとき貴方個人としてはどう思う?言葉としてもメッセージでは「オメデトウ!」と喜び祝福振る舞っていても顔には出さないが「幸せを喜ぶべきだけど自分は彼女みたいな人さえ存在しないし孤独に生きるのかどうか気がかりだ…」などと、これらの気がかりななどを抱いてはしたことはないでしょうか。

これがネガティブ思考で、これらの比較し良くない方に捉えたりしちゃうなどを終わりにしてプラスになるような思考な人間に向かうのです。

現実は比べるべきものではなく区別が肝心です。

自分自身には褒められるところ自分以外の人にも立派なところがあり比較しようがない個性があるがあるということを完全に信じる大事である。

楽観的な思考もマイナスな思考なんかは、結局は「癖」が原因です。

ポジティブ思考が習慣になっている人はなんでもプラスに考えてネガティブな思考習慣になっている人嫌な方向に捉える生き方が生まれるのです。

例えば友達の結婚や会社で昇進した場合は「どうして私は友達みたいに幸せになれないんだろう…」と比較するのではなく、「私も頑張ろう!」という思いや表現を大きくして決めていき、定めていけば楽観的な思考になっていきます。

相手の幸せと自分の幸せ、どっちが良いか悪いかなんて考えてみるとキリがないのです。

楽観的な思考の人は喜ばしい気持ちを他者と比較するなんてことはしません。

今幸せだなあ。

「自分と他人は違う」そんな考え方があればいいのである。

これ以降は自分と相手を明確に分け比べるのをやめて各個人が「輝ける個性」なのだと現実を見識し尊重ませんか。

そんな感じでポジティブシンキングで取り組めるようになるはずである。

プラス思考になる為に知っておこう!「考える」は生産的でステップアップ!「悩む」は非生産的でループする