離婚を回避したい方へ。妻に許してもらい離婚を回避する方法!意味があって出会った二人が傷つけ合うのではなく、傷を癒しあって幸せになること!

妻に許してもらい離婚を回避する方法

相手の決意が固いほど離婚を回避するのは困難

このページに訪れたあなたは、妻に離婚を取り下げてほしい気持ちを心から願っているかと思います。ですが、人の決心と言うものは簡単には変わりませんので、中々、離婚を回避できず、難しく悩んでいるかと思われますが、このページで解決策のご提案をしているので是非お付き合いください。

相手の決意が固いほど離婚を回避するのは困難

相手の決意が固ければ固いほど「妻(夫)に許してもらい離婚を回避する」ことは困難になります。困難を乗り越えるには、あなたの本気が必要です。

1、絶対に離婚なんてしたくないし別れたくない!

2、自分は真剣に反省しているという思いを妻(夫)に知ってほしい!

3、大事な子供と離れることは辛い!

このような思いを真剣に持っている「男性」のみ続きをお読み下さい。

女性の方は「夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法」をお読み下さい。

「ごめんなさい」は無意味

離婚を回避するにはごめんなさいは無意味「なんで妻はわかってくれないんだ!」

「真剣に謝ってるのに、どうしたらいいんだ・・」

このように思う事もあるでしょう。

その気持ちは良く分かります。

私も同じ気持ちで苦しんだ経験があります。

「お願いわかって。俺…辛いんだ・・・」

今思えば、自分のことしか考えられない状態でした。

しかし、相手はこう思うのです。

「ふざけるな。ごめんで済むなら警察はいらないんだよ」離婚を回避

「ふざけるな。ごめんで済むなら警察はいらないんだよ」

と・・・・。

そう、気づいた方もいると思いますが、

「妻に許してもらい離婚を回避」してもらうには「ごめんなさい」は相手にとって無意味なのです。

「自己流」を捨てることが大事

大事なので繰り返します。

「妻に許してもらい離婚を回避」してもらうには「ごめんなさい」は無意味なのです。

つまり、「妻に許してもらい離婚を回避」するには「相手にとって意味があること」をする必要があるのです。

そして、「相手にとって意味があること」は絶対に自己流ではいけません。

自分が思う相手にとって意味があると自分が思う事の多くは、相手にとっては「勘違い」「迷惑」だと感じることが多いのです。相手を心から理解していないと難しいのです。

大切なことは「相手にとって意味が無くてはならない」と、いうことです。

ここで、ご理解していただきたいのは「自己流の意味があること」を捨てることが大事だという事です。

つまり、「実際に離婚を回避することに成功した事例」を真似て、それを、本音部分から自分のものにしてしまえば良いのです。

実は離婚調停が不成立となった約3万件のうち、約1万件は離婚裁判に移行して続けられています。

ということは離婚調停約6万件のうち約2万件は、離婚せずに元に戻っているのです。

 

引用元:妻に許してもらい離婚を回避する方法 | 離婚調停対応マニュアルの販売

自分が、離婚を回避した事例の人と同じように変わる事が回避できる可能性を上げることに繋がるのです。

成功事例を真似ること!

60000件のうち20000件は離婚を回避したのです。「離婚調停約6万件のうち約2万件は、離婚せずに元に戻っている」といった数字を聞いてどうですか?

60000件のうち20000件は離婚を回避したのです。

離婚を回避したいのなら、自分の可能性を信じて本気になって下さい。

厳しい言い方に聞こえるかもしれませんが、本気になれないのなら、後ろを向いたほうがいいのかもしれません…。

あなたの思いが本気なら、あなたには出来るはずです。

そこで役立つのがプロ心理カウンセラーの方が作成したマニュアルです。

このマニュアルの内容は詳細ページで目次がありますが、離婚を回避する為のカウンセリング5時間分を直接受けているのと、同じ体験がマニュアルで出来ます。本気で離婚を回避したい方は、このマニュアルを手にして行動に移して下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

妻に許してもらい離婚を回避する方法の詳細

夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法の詳細

私は、本気で離婚を回避していただきたいと思っています。

自分が怒ったのも相手が怒ったのも、実は「悲しんでいた」という可能性もあるのです。しかし、悲しみを上手く「私(僕)は悲しいなぁ」と素直に言えず怒りの感情を使ってしまった場合もあるのです。

引用元:http://xn--88j6eta0330bnwdftu9wl0q3el9l.net/?p=39

意味があって出会った二人が傷つけ合うのではなく、傷を癒しあって、幸せになってほしいと思います。

人は幸せになる為に生きているのです。

その権利は誰にでもあるのです。

幸せになるには、正しい方法で、自分を変えることです。

相手を「尊重」「理解」を深めるから、「絆」も深まってくるのです。

誰にでも「傷」はあります。「傷」は癒すもので「絆」は「心の絆創膏」にもなります。

癒しは「理解」によって起きます。

そして時間がかかる「理解」による癒しが起こるまで「心の絆創膏」として「絆」を大切にしましょう。

「相手の事を思いやって、それを表現するために行動にでる。」これは、離婚をしたいという人の気持ちを動かすツボです。相手を想っているならば、行動に変えて誠意を見せるようにするのが離婚回避術です。

引用元:私はこうして離婚を乗り切った!実体験にもとづく離婚回避方法

上記の引用から分かるように、相手を想っているからこそ自分を変える事こそ、自分にとっても相手にとっても幸せになるのだと思います。

どうか、相手を変えようと思うのではなく、自分を変えて幸せになりましょう。

私は、妻に許してもらい離婚を回避する方法をくまなく探しました。

そして、色々あった情報の中から「これだ!」と思える情報を今回ご紹介させていただきました。

良いマニュアルと、あなたの幸せな未来の懸け橋になれたら、嬉しいです。

出会った深い意味は、後で点と点が繋がるように気づけるでしょう。

絶対に切れない深い絆が二人の間に出来るのです。

その本当の意味は二人だけの間で、後で気づけるのです。

そして人生は二人で作っていくものですから、自分たちが人生に意味づけをするのです。

生きる意味は、自分が決めていいのです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

妻に許してもらい離婚を回避する方法の詳細

夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法の詳細