ポジティブ思考になるには、非日常な体験を楽しもう

人間が落ち込んだりしてネガティブになってしまう時というのは、必ずと言っていい程、生活に楽しいことがなくマンネリ化した日常を送っている時なのです。

特に災難もなく、普通の生活を送れているということは、幸せなこと。それなのに、人間の脳は平凡が続くことで、逆にマイナスの方に考えてしまうような脳の働きをしていることがあるんです。

だから、ネガティブ思考からポジティブ思考に変わる為には、刺激を与えなくてはなりません。
そんな時は、ちょっとした非日常な体験を楽しんでみるのが良いでしょう。

例えるなら、毎日のように仕事をして家に帰るだけの生活ではつまらないから、たまには旅行をしてみる、というような感じですよ。
旅行をすると、普段自分の知らない場所に行くことなので、行くだけでも脳が刺激されてポジティブになります。
旅行に行く時間がないのであれば、近場で普段絶対に行かないような場所に行ったり、イベントに参加するのも良いでしょう。
普段はやらないようなことを、ここぞとばかりに挑戦して、楽しいと感じることにより、脳をポジティブ思考にすることが出来ます。
逆に普段よくやることにも、ポジティブになれる方法はたくさんあります。『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)で毎日継続的にポジティブ思考になる練習をして、たまに旅行などでリフレッシュするのも良いものです。