バストアップマッサージ

バストアップをする上で、「誰もがやったことがあるのではないかな?」と思われる方法があります。
それは、マッサージです。
マッサージなら、やり方さえわかれば、誰にもで簡単に出来るというイメージがありますよね。
ですが、どんなマッサージでも、やり方を間違えていたりしては、意味がありません。
それが左右のバランスの悪いバストを作る原因にもなります。
マッサージのいいところは、空いた時間を有効活用して、できるものが多いということではないでしょうか?
なので、きちんとしたやり方を覚えて、空いた時間を有効活用して、続けてマッサージをしましょう。
簡単なマッサージ方法の代表としては、次のようなものがあります。
まず、片方の手を胸の下に、もう片方の手を胸の上側におきます。
下の手は胸からワキの下へ、上の手はワキの下から胸へ、手で胸の周りに円を描くように動かします。
これを両胸とも、20回程度ずつやります。
この方法なら、テレビを見ているときなど、手があいているときに、簡単に出来ますよね。
また、このようなマッサージをやる前に、専用のジェルを塗ってから行うのもいいと思います。
専用のジェルを塗ることによって、胸と手の摩擦から肌を保護するだけではなく、血行促進に効果があり、結果バストアップにつながります。
また、ジェルを塗ったため、手がすべりやすくなるため、マッサージしやすくなるということもあります。
他にも、蒸しタオルで胸を暖めてから、マッサージするという方法もあります。