日本は医療先進国でありながらガンの死亡率が右肩上がり?!便秘の人は読んでください!

日本が医療先進国なのにガンが何故増えているの?

日本は医療先進国と言われており、今や難病以外は早期発見で完治が見込めると言われている、世界でも数少ない国の1つになります。そんな日本において、なぜかガン患者やガン死亡率は増え続けているのです。

その中でも特に深刻なのは、大腸ガンと言われています。大腸ガンは現代病とも深い繋がりがある深刻な病になります。大腸がんが、今の時代増えている理由の1つとして考えられるのが、生活習慣による成人病やストレス、食生活の欧米化による便秘ではないでしょうか?

便秘は2〜3日便が出ない、いつも便が少なく残便感がある、便が細い、便秘と下痢を繰り返している、おならが臭い、口臭や体臭がきつい、お腹が張っていると言った症状が代表的なものになりますが、こういった症状を放置する事により、大腸ガンの危険性は高まっていきます。

なぜ大腸ガンだけが増えているの?

大腸ガンが増加傾向にあるのは、その原因である便秘に対しての危機感が薄い事で、きちんと便秘に対する対策を行っていないからかもしれません。特に女性にとって、便の悩みは人に打ち明ける事ができないと言われています。

また、病院で大腸ガンの検査をする場合に、浣腸をして便を出しきり、おしりからカメラを挿入しなければならず、かなりハードルが高いと考えられているのです。最近はカメラも細くなり、プライバシーもしっかりと守られた上で検査を受けられますが、それでも恥ずかしいと言う方は後を絶ちません。

便秘であることを恥じるあまり、自己流の改善方法を実践していると、なかなか効果が出ないものにお金をつぎ込んでしまったり、また便秘薬に依存してしまうなど、本当の便秘解決の糸口を見失ってしまうのかもしれません。そう言った事も、便秘が原因による大腸ガンのリスクを招いているのでしょう。

便秘が原因で起こる負の連鎖とは?

現在ダイエットをがんばっている方にとって、便秘を解消する事よりも、何を食べて、どんな運動をすればカロリーが消費されるかと言う事に意識が集中していないでしょうか?勿論カロリー計算はとても大事ですが、それよりも大事なのが便秘を解消する事なのです。

痩せやすい体を作る為に、便活と言う言葉があるのをご存じでしょうか?便を出すだけで、体は劇的に変化していきます。まず、便に含まれる成分には体の古い細胞、食べカス、細菌の死骸、水分等が含まれますが、もしこれらが腸内に蓄積されたままになれば、再び腸内で毒素として吸収されて脂肪として蓄えられたり、新陳代謝が滞ってしまうのです。

しかも、便が出ないのに片寄ったダイエットメニューを食べたり、食事制限をしながら激しい運動をしても、代謝が悪ければ、消化吸収の働きも悪くなって、痩せるどころか、逆に太ってしまったり、全身に浮腫が出てしまうのです。

便秘を解消することは人間らしさを取り戻すこと

人間にとって、食べて出すと言う事は生理現象の1つです。実際に出もの腫れ物ところ構わずで、食べれば数時間後には出したくなる筈なのです。ところが、そんな当たり前の事が出来なくなってしまうのは、世の中の間違った便秘解消の常識による刷り込みが原因かもしれません。

便秘には、便が出るお茶、ヨーグルト、食物繊維、トクホ製品、便秘薬、サプリメント…これらはメディアでも特集されたり、芸能人の方がステルスマーケティング(ステマ)で植え付けた、いかにも便秘に「効果のありそうな」情報なのです。

実際に効果を感じたとしても、その製品を購入し続けなければ、再び便秘が始まってしまう様では、本当に便秘が治ったとは言えませんよね。私達はこういった情報に振り回されている事に気が付くべきなのです。

本当に便秘を治したい人だけ読んでください!

何にも頼らないで、ちゃんと毎日便意を感じて、普通に排便できたら幸せですよね。そんな当たり前の事がちゃんとできる様になるには、これまでの間違った情報を全て絶ち切って「ところてん方式ダイエット」便秘改善プログラムを読んでみてください。

便秘の症状は一人として同じものはありません。そこで、これまで常識とされてきた便秘解決策が全て通用する事がおかしいのです。そんな疑問に真っ正面からぶつかり、便秘歴40年の方が自らの経験を元に作り上げたプログラムが「ところてん方式ダイエット」なのです。

「餅は餅屋」と言うことわざがありますが、何事においてもそのスペシャリストに任せる事が一番なのです。恥ずかしい便秘の悩みを一人で抱えないでください。「ところてん方式ダイエット」は必ず頑固な便秘も、14日以内に自力でスルッと出せるノウハウを教えてくれます。是非一度このプログラムを開き、辛い便秘を解決しましょう!

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム