音楽

★拒絶、否定される事に敏感、恐れて人と深い関係を避ける。
自分は嫌われてると思っているため、嫌われていないと言う確信が持てないと人と係わりが持てない
親しくなっても、嫌われてると思い強い不安感がある
恥をかかされる事のおそれ馬鹿にされたと思い。相手に遠慮してしまう。★
社会生活の中で、社会に不適切だと思い人との集まりの多い場面を避ける。
長所がない、人より劣っていると思っている。
人とは、上手に付き合えないと思い、新たな人間関係を作れない。
恥をかくかも知れないと言う思いからか、新しい事を始める事に、消極的。★
例えば、自分がいない方が上手くいく、自分がこの場に居たら迷惑だと言う感じでも、誰も何も言っていないわけで、自分が、そう思い込んでいると言う方など、
これらの4つ以上あてはまるようなら、回避性人格傷害の可能性あるようです。
何故、回避性人格傷害になるのか?
過保護、過干渉。愛情過剰。
または、否定。愛情不足。虐待経験。信頼欠如。などの家庭環境があるようです。★

過干渉、過保護などあまやかされて育ったの家庭環境の場合、母親のように絶対的、自分を否定しないような人間関係しか作らない。
回避性人格傷害となるようです。
また逆に虐待などの家庭環境に育った場合、
自分は誰からも愛されない、愛される資格がないと言う思いから、回避性人格傷害となるようです。
このように、対人に対して、自分は人に好かれない、また、好かれるような長所はないと自分から対人関係を避ける傾向にあるようです。★
その結果、人との係わりを避ける為、ひきこもり、絶対、自分を否定しない、絶対的人間関係を作る以外、人と係わりを持たない。
ようになる。
このようになっていくと、人に否定されて、はね除けるような、係わり合いの中で、構築されていく。コミュニケーション能力の低下と言ったことになることがあるようです。
自尊心を傷つけられると言った不安、また否定されるかもと言った不安が常に抱えているようです。
回避性人格傷害の方は、自信、自尊心が低さから、無価値感など感じる事も多いようです。★
人との係わりの中で、自尊心の低さから、
対人不信になることもあります。
人間関係の中から、現実逃避、回避するようになることもあります。
また、自分を認めない人に対して、自分は認めて貰えない。と言う、自信、自尊心は、時に、自分を認めない相手に攻撃として、現れらることもあります。
決して人が嫌いなわけではない、本当は、コミュニケーションを取りたい、人とコミュニケーションを持ちたいのに、認めてもらえないのではないか、拒絶されるのではないかと言う恐れから、回避してしまうと言うこと。★
社会生活に支障をきたす。敏感に反応すると言う形です。
人は誰でも、自分と合わない人を避け、自分と合う人と仲を深めていく。
仕事で、嫌なことばかり、言う人とは、近寄りたくない。仲良くしたくない。
誰でも、少なからずあるのです。
人と少しずつ接して行くなかで、傷つけられることもあるでしょう。
全く皆が、拒絶、否定はがりする人ばかりでなないと思うのです。
色んな人と係わりの中で、認めてくれる人もいるはず、そのような人との係わりの中で、少しずつ、慣れて行くと言うのも、自分に自信を取り戻す事が出来るのではないでしょうか。★
回避性人格傷害の人は、自信や、自尊心が低さが原因のような事もあるので、
自分に自信を取り戻す。自尊心を育てる。
その為に、得意な趣味を見つける。など、
同じ趣味の人などと話しをするなど、
同じ趣味の人とかなら、話しが弾んだり、
自分を認めてくれ、自分に自信を取り戻すきっかけになるのではないかと思います。
また、拒絶や、否定をされても、色んな考え方がある。そう言う考え方もあるのですね。
と、その人の考えであり、自分を拒絶、否定しているのではないと、自分の考え方を変えて行くといいのではないでしょうか。★
回避性人格傷害の人は、ネガティブ感情が強いように思うので、自分自信の考え方を、
ポジティブ感情、ポジティブな考え方の
トレーニングをしていく。
ポジティブな考え方を心がけるだけでも、少しずつ改善点になるかと思うのです。
また、全く人と係わりがなければ、そのトレーニングを学ぶ場もなくなるわけですから、回復しているかも、解らないですね。
ですから、まずは、自分を理解してくれる人との係わりの仲からでも、自分自信を取り戻す、自信や、自尊心をつける、トレーニングの場ではないでしょうか。★
そうやって、少しずつ自信をつけて来たら、視野を広げて行くことになるきっかけとなるように思います。
人は人と繋がっているから、視野が広がっていくと思うのです。
人に傷つけられても、他の人が癒してくれるように、人との係わりの中で、また、回避性人格傷害が、癒えていくのではないでしょうか。
傷つけられた誰かではなく、癒してくれた誰かです。★仕事場で、拒絶や、否定、認めてもらえなかった、でも、家族が理解してくれた。
友達に嫌われた、でも、他の友達が出来た。
恋人に振られた、でも、友達が慰めてくれた。
友達と喧嘩した、でも、恋人が支えてくれた。と言ったように、人は人との係わりの中で、また、回復していくと言う事てはないかと思います。
最初は、傷ついてすぐは誰でも不安はあるでしょう。このように、人との係わりの中に、ポジティブになれる、トレーニングの場が、あると考え、自信を取り戻すことの第一歩に近づくのだと思います。★長所、短所も含め自分を理解してくれる人は必ずいます。
また、敏感に反応する方に、回避性人格傷害から、うつ病、パニック傷害、対人恐怖症、適応傷害、回避性パーソナリティー傷害を併発する方も少なくありません。
なので、自分自信が極度にストレスだと思う人などと、無理に合わせようとすれば、このように、他の病気を併発してしまいかねません、理解してくれる人との中で、理解してくれる人を増やして行くことが、回復への近道ではないかと思います。★ 長くトラウマとなった感情や、経験、気持ちから、フラッシュバックのように、思い出される方もいると思います。
少しずつ広げていく、中で、少しずつ、ついた自信は、過去のトラウマを消してくれるように、薄れていくのではないかと思います。
例えば、新しい友達が出来たり、仕事で、評価されたり、新しい恋人と、幸せになれた。
となって行くにつれ、全く消えなくても、こう言った、楽しい、嬉しい経験こそが、嫌な事を、薄れさせてくれ、回復へと向かうのではないかと思います。★
自分自身を受け入れる、短所ばかりで、いいところがない、それも、自分自身、その自分を受け入れる、自分を認めてあげる。
そして、暗示のように、極度の緊張や、また、人を避けるようになった時、自分に、心の中で、大丈夫。大丈夫と声をかけ、深呼吸したりするのも、効果的かと思います。
頭の中の考えや、心の不安を、取り除いてくれます。
自分に大丈夫だと暗示をかけることで、安心出来ると思います。
また、あまりに、生活に支障をきたすようであれば、心療内科、認知療法、行動療法、カウンセリングなどで、改善される、人によって、薬物治療なども、行うようです。
時間がかかるかも知れませんが、このような治療法もありますので、気長に治療していくことが大切かと思います。★
また、カウンセラーや、心療内科、精神科での医師との信頼関係も大切です。精神科、心療内科と言っても、医師も人ですので、自分に合う、合わない医師、様々です。人間関係をじっくり、作り早く回復に向かう為にも、じっくり、話しを聞いてくれる、カウンセリング体制がしっかりしている、少なくとも20分くらいは、カウンセリングしてくださる心療内科がいいかと思います。
カウンセラーや精神科医師、心療内科医師との人間関係の中で、自信を取り戻して行く第一歩ですから、信頼出来ない医師や、カウンセラーに、事細かなことを伝えなければならないからです。★
せっかく、病院にかかり、通っても、特に薬治療を行う場合、薬だけ貰っても意味がありません。
回避性人格傷害は、人との係わりの状態の病気だからです。
人と接する時間が、とても大切なのです。
カウンセラー、精神科医師、心療内科医師との関係性が、とても重要な訳です。
信頼出来ない、不信感を抱きやすい回避性人格傷害の人は、カウンセラーや、医師に対しても、症状が出るからです。★
信頼出来ない人には、避けるように、信頼出来ないカウンセラーや、医師には、治療を初めても、話せない。となると、なかなか回復へと向かう事が、難しかったりします。
ですから、自分が、本当に信頼出来る、カウンセラーや、医師、病院を見つけ、時間をかけ、長いめで、自分にあった治療法で、カウンセラーや、医師と相談しながら、治療を進めて行く事が、大切だと思います。★
回避性人格傷害の場合、認知行動療法が、有効のようです、他の病気を併発している場合は、治療も、それだけ時間が、かかると言う事になります。
また、グループセラピーと言うのがあります。これは、同じ病気との人などと、体験談などの話し合いの中で、人と係わり合いながら、治療して行くと言う感じでしょうか。★
人との場面を回避する、回避性人格傷害の方でも、同じような人がいる人との係わり合いの中で、、自分を表現出来たり出来るようになって行きます。
人は、同じ悩みを持ち、同じように、共感出来る仲間がいると言う事、また、自分の思いや、考えに賛同してくれる仲間がいると言う事は、凄く勇気を貰えたり、自分だけではなかったと、考え客観的に自分を見つめる事が出来ると言う事ではないかと思います。★
客観的に自分を見つめる事が難しかしい、回避性人格傷害の人には、このグループセラピーのような、治療法は凄く効果が高いように思うのです。
前に述べたように、自分自身の考え方、深く根付いたネガティブな感情、考え方をポジティブに変えて行く事でも、凄く回復への近道ちになるので、小さな事でも、
気がついた時に、ネガティブな事を言うたり、思ったりした時に、頭の中で、ポジティブな考えを思い浮かべて見て下さい。★
頭の中で、ネガティブな考えをポジティブな考え方に書き換える
トレーニングと言う感じです。
このように、自分で出来る事を少しずつ実践して行く事が一番大切かも知れません。
ネガティブ感情が優先されていても、ずっとネガティブ感情を引きずるのではなく、すぐに、ポジティブ感情に変えて行く事で、少しずつポジティブ感情が優先されるようになってくるように思います。★
回避性人格傷害は、医師よって、病気ではない、そう言う状態だと言う医師もいると思います。人に言えず、悩み苦しまれてる方もいると思います。
また、人に相談しても、皆あるだろうと、なかなか伝わらない、また、言っても解ってもらえないだろうと、また、上手く表現出来ない自分みたいな人がいたら
迷惑をかけてしまう。次第に人から避ける。孤立。孤独。を感じ、社会生活、人間関係に支障をきたしてすまうようで、あれば、このような方法があるのだと、思って頂け、また、回復へのきっかけになればと思います。★
一人で抱えて悩まず、人との係わりで傷ついたトラウマは、また、人との係わり合いで、傷は癒え回復へと向かうのだと言うことを心のどこかにおいていて欲しいと思います。
そして、その専門のカウンセラー、精神科、心療内科、医師がいて、グループセラピーなど、自分と同じ悩みを持ち、このような人達と一緒に、回復への道があると言うこと、
治療法もあると言うことを覚えていて欲しい。また、活用することで、克服し、
社会復帰をするための近道になると思います。★
グループセラピーに関しては、同じように、悩み、苦しまれた方の体験談などは、凄く、自分の為になり、また参考になり、自分と同じ悩み苦しまれた方などですから、凄く、辛い思いを共感してくれますので、そこから、人との係わりが広がるきっかけにもなります。活用する価値はあると思うので、恥じることはありません。
むしろ、何も知らない人に話すよりは、凄く話しやすい、存在で自分にとって、価値ある時間だったと、思うと思います。★
また、新しい人間関係を築くことが出来るようになるきっかけになればと思います。
ゆっくりでいいじゃないですか。
人より、濃厚な人生を歩んでるのだと。
ポジティブに考えていけるようになります。★

 

→ みんなの人に好かれる会話術

私がお勧めするのは音楽です。
私は何か考え事をしてる時によく音楽を聴きます。
いろいろ悩んでたりしてるときやイライラしてるときは、よくバラードの曲を聴いて落ち着いてます。
悲しい事があるときはPOPな曲を聞いて励まされています。
他の人が同じようになるかは分からないけど、他の人にも同じように気持ちが落ち着くなら、私は音楽をお勧めします。
[PR] 劇的に歌が上達したレッスン法を知りたいくないですか?

カラオケ上達法の記事が読めます。