10キロ痩せたい人におすすめ方法!6つの大切なポイント

10キロ痩せたい人におすすめ方法!6つの大切なポイント
体重に意識を配る

まず、はじめに自分の体重に意識を配ることが大切です。今自分の体重が何キロあるのか?無闇に体重計に乗って、毎日自分の体重の数字に踊らされるのはとても疲れてしまいます。体重は一日の中でも変動を繰り返します。増えたり、減ったりします。朝と夜でも違いますし、食後と食前では明らかに違ってきます。自分の体重に振り回されないようにどの時間がいちばん重くて、どのタイミングが一番軽いのか。意外と知らないことが多いです。痩せようと思ったならば、自分の体重にちゃんと意識を向けて毎日きちんと向き合うことが大切です。自分の体重を受け入れて、意識すれば、体重はおのずと減ってきます。自分が何をすれば痩せるのかわかります。

自分の基礎代謝を知っておく

摂取カロリーよりも消費カロリーを増やせば痩せます。摂取カロリーは自分で計算できますが、消費カロリーは測れません。運動が一番分かり易いカロリーを消費する方法です。消費カロリーが表示されるマシンもスポーツジムなどでは人気です。けれども仕事や家事で忙しく、運動する時間が取れない人も多いと思います。運動しなければカロリーは消費できないのでしょうか?人間には基礎代謝と呼ばれるものがあります。これは、何もしなくても生命を維持するために使われるエネルギーのことをいうのです。この、基礎代謝量は年齢や性別によって違ってきますが、20代女性で平均1200キロカロリーといわれています。姿勢を正す、体を冷やさないようにするといった日常のちょっとしたことで、基礎代謝をあげて消費カロリーをどんどんあげていくと、短期間で効果がでやすくなります。

カロリー、栄養について正しく知っておく

消費カロリーと摂取カロリーをきちんと把握しておくことが痩せるためには何より大切です。では、カロリーについてどれだけ知っているでしょうか?揚げ物がカロリー高い。程度のことは知っていると思います。コーヒーショップで良く見かけるフラペチーノ。甘さも控えめならば良いかなと思いがちですが、少なくとも150キロカロリー以上はあります。150キロカロリーと言うとご飯お茶碗いっぱいとか同じぐらいです。ビタミン、ミネラルを含まない150キロカロリーは痩せるためには敵以外の何者でもありません。逆のものを見てみるとアボカドなどは100グラムで約180キロカロリーとびっくりするくらい高カロリーです。けれども女性ホルモンを助けてくれるビタミンEをはじめ、ビタミンBもとても豊富です。食事生前中の美肌のために是非食べたい食材です。カロリーを減らし栄養をきちんとして、食事生前中に美肌のために取る。短期間で痩せるためには絶対に守りたいことです。

食べる時間に注意する

低カロリーである食べ物ならばいつ食べてもいい。そんな風に思っていませんか?それは大きな間違いです。朝起きて夜眠る。これが一番人間のリズムにあった生活です。そのリズムが狂ってしまったとしても体は活動時間を覚えているものです。ですので、夜九時以降の飲食は痩せるためには大敵です。夕食も遅くとも8時までには取りたいです。朝は必ず水分を補給しましょう。目覚めに水分をきちんと摂取できれば、それだけでデトックス効果も期待できます。

ストレッチ

痩せようと思うとついついきつい筋肉トレーニングばかり先行してしまいます。筋肉トレーニングも当然効果はありますが、それよりもストレッチに重点を置くようにしてください。筋肉トレーニングをしてストレッチを疎かにする筋肉は硬くなってしまいます。そうすると血流が悪くなり、結果せっかくのトレーニングも身を結ばなくなってしまいます。寝る前に5分を肩を回したり足を伸ばしたりします。これだけで十分です。短期間で効果を出すには、日常の細やかな部分で体を伸ばす工夫をしてみましょう。

体を動かす

短期間で痩せたいのならば、体を動かすことがいちばんでしょう。同じ動きを15分以上続けると脂肪燃焼効果があります。15分以内の動きでは燃えているのは体内の糖分であり脂肪ではありません。いつもより少し遠くに買い物にいく。エスカレーターやエレベーターではなく、階段を使う。車ではなく自転車を使う。歩いている時に少し速歩きや小走りをしてみる。電車に乗った時に目的地よりひと駅前で降りて歩くといった日常の行動に一つプラスしてみれば驚きの効果が得られることでしょう。

ボディスタイリングダイエット

「努力は苦手だけど絶対に痩せたい!」という方は「ボディスタイリングダイエット」がおすすめです。たったの一ヶ月で6kgものダイエットに成功した秘密を知りたい方は、まずは以下のリンク先のトップページの少し下の部分の動画をご覧下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by リコ

    バストアップには、大豆のイソフラボンが良いとテレビで観たことがあります。痩せながらですと、普段の食生活から変えてほうがよろしいかと思います。

  2. by ひめくるみ

    こんにちは。

    私が高校生の時、
    「ダイエットしたら、胸小さくなるから、イヤ」
    って友達が言ってまして、それで、どうしたら良いのか?
    色々話し合いました。

    その時私が出した答えが

    『お腹や太ももや二の腕には、当時流行ってた(痩せる石鹸)でマッサージ、
    胸は、普通の石鹸でマッサージする』
    です。

    とにかく、胸は、マッサージすると、大きくなるから、お風呂でたくさんマッサージしてください。

  3. by LV

    バストアップしながら
    痩せる方法はマッサージではないでしょうか?

    全身の脂肪を
    バストに持っていくマッサージがありますが
    それでしたら
    バストアップしながら
    痩せていけると思います。

    ただ、手間がかかるのが
    マイナスですが
    入浴中やテレビを見ながらすると
    苦がないかもですね(^_^)

  4. by mamiya

    バストアップしながらのダイエット、には運動が効果的ですね。
    タンパク質をしっかりとって、運動を心掛けましょう。

  5. by 名無し

    男性なのであっているか分からないが、バストアップしながら痩せるとしたら普段の食生活を変えたらアップするのではないだろうか。

  6. by aya

    胸を動かすとよくないみたいですよね!!!

    走るよりウォーキングとか、ウェストをねじったりとか、ぉ風呂でマッサージもいいと思います!!!

  7. by リコ

    ダイエットは大変ですね。付いたお肉はなかなか落ちません。6個の内、1個ずつでもクリアしたいです。

  8. by とーま

    ダイエットを行うにあたって、正しい知識を持つことも重要なのですね。6つのポイントを押さえながら、スリムボディ目指して頑張ってみます。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)