日焼け止めの使い方には気をつけましょう

さて本日はお肌の健康ネタになります。その中でも昨今は一昔前に比べて紫外線が強い為、強い紫外線から肌を守る為にも日焼け止めを塗る必要があります。しかしただ塗れば良いという事ではなく日焼け止めは肌を守ってくれる反面で異物であると言う認識も持っていないといけません。ですのでファンデーションやクリームと同じく家に帰ったら洗い落とす必要があります。
そう言う意味で肌への負担も考えないといけませんので、良く日焼け止めを選ぶ時にSPF値やPA値は高い方が良いと思いがちですが、通常であればSPF値は25でPA値は++で十分なのです。
ではどういう時にSPF値やPA値が高い日焼け止めを使うのかと言いますと、例えば炎天下の下で一日中作業をしなければならない庭師の方やアウトドアで作業をする場合などです。
特に女性の方については日焼けをし過ぎると肌のシミやそばかすの原因になってしまいますので、SPF値やPA値の高い商品を使用した方が良いですが、でもその作業に継続性がない場合には数値に関係なく普段使用している日焼け止めを汗で落ちたら小まめに塗り直したりムラにならない様に塗ったりしながらその日をしのぐのも良いでしょう。

↓ ↓若返り人気DVD教材↓ ↓

1日3秒!2か月20歳若返る新メソッド

スローストレッチの公式サイト