ネガティブになったときはリフレッシュして、プラスな言葉を使おう。

プラス思考っていうだけで、救われる事ってありますよね。プラス思考の時は、とてもアクティブだし、何やっても楽しめますし、気持ちが元気なのでまったく疲れないです。何より、気持ちの面での差が大きいと言えます。

そうは言うものの、ずっとプラス思考でいるのはなかなか難しいでしょう。人間は考える生き物だから、それは無理もありません。
ネガティブな思考になっている時は、なかなかそこから抜け出せないですよね。そういうときは「あまり無理しないで」と脳が信号を送ってくれてるだけの事なんです。
そんな時は無理せずにリラックスして、たまには自分を労わったり、贅沢な時間を過ごしてリフレッシュすることが必要となります。

ファッションデザイナーとして有名なココ・シャネルが残してくれた言葉にもありますが、「贅沢とは、居心地が良くなることであって居心地が良くなければ贅沢とは言わない」のです。
自分が何をしたら楽しいのか、居心地がいいのは何なのか。自分の心に耳を傾けて聴いてあげると、自ずとその問いかけの答えが見えてくるはずですよ。

そして居心地の良い空間を作り居心地の良い時間を作り、そしてポジティブな言葉を思い浮かべて、焦らずにゆっくりと本来のポジティブな自分に戻るのです。

『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)