地味に辛い肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)でお悩みのあなた。痛散湯(つうさんとう)は無料試供薬のお申し込みがありますので、ぜひ、お試し下さい。

肋間神経痛の悩み投稿者
最近、肋間神経痛と診断されました。原因は、区民運動会で転んだ時の影響の様です。転んだ翌日は、太ももなどの筋肉痛の痛みを感じましたが、胸や背中の痛みは特別感じませんでした。2日目の朝、筋肉痛の痛みが昨日より少しましになったなぁっと思ったら、背中からわき腹バストの下にかけての痛みを感じました。

動かないと痛くないのですが、大きく息を吸ったり、ある角度に曲げたり、笑う・咳・くしゃみの時に痛みを感じるようになりました。主人に言うと、色々な箇所を押しながら、どこが痛いかを調べてもらうと、骨の辺りで痛みを感じるので「ひびが入ったのでは」と言われ、怖くなったので、翌朝かかりつけの鍼灸院に行ってみました。

症状を言い診察してもらうと、肋間神経痛と言われました。深刻なものではないのですが、特に治療法がなく、呼吸をするたびに動く部分なので、安静や固定は無理なので、「日にち薬」との事で、2週間くらいが痛みのピークで1ヶ月位は痛みが続くそうです。あまり痛む時は、痛いところに湿布をはるか、背中をカイロで温めると痛みが和らぐとの事。あとビタミン12が傷ついた神経を修復するのに良いので、サプリメントや食材で摂取すると、気持ち治りが良いとの事です。

骨折やひびではなかったので、ホッとしましたが、痛みが地味に辛いです。動くのはもちろんですが、笑うと痛いので、大好きなバラエティー番組を観て、笑っては「イテテ・・・」となってます。鍼灸院の先生にも言われたのですが、咳やくしゃみでも痛みが走るので、しばらくは風邪を引かないように気をつけないといけません。

肋間神経痛には、痛散湯(つうさんとう)がおすすめ

肋間神経痛には、痛散湯(つうさんとう)がおすすめです。痛散湯(つうさんとう)は年齢からくる長引く痛みを、痛みの出にくい体質に改善するためのものです。

痛みの多くは炎症が原因で、生命活動を支える体液の滞りによって炎症を抑えることが出来なくなり、結果として痛みに変わっているというわけです。

ですので、痛散湯(つうさんとう)は独自配合の生薬によって、生命活動を支える体液の滞りを改善し、痛みを徐々に緩和してバランスを取り戻すためのものです。

この機会に、崩れたバランスを整えて根本的な健康を取り戻してください。痛散湯(つうさんとう)は無料試供薬のお申し込みがありますので、ぜひ、お試し下さい。

痛散湯(つうさんとう)の無料試供薬準備中