北海道紋別の雄武産の「浜ゆで毛ガニ」はなぜおいしいのか?毛ガニと言えば北海道産の堅蟹!

北海道紋別の雄武産の「浜ゆで毛ガニ」はなぜおいしいのか?毛ガニと言えば北海道産の堅蟹!

雄武産の毛ガニ買えます!
冬になるとカニが食べたくなりますよね。とびっきりおいしいカニを買って、それを親戚が集まる席に出したらみんな喜ばれるはずです。

あなたがお嫁さんならば、「できる嫁だ」と思われるはず!また、帰省してきた子供達は笑顔がほころぶはずです。カニは北海道の雄武産浜ゆでカニがおすすめです。なぜおいしいのか説明していきましょう。

オホーツク海の恵みをたっぷり吸収したカニ

北海道の雄武町は、オホーツク海の沿岸にある町です。カニ漁が盛んで、カニ祭りもあるほどです。それほどカニには自信がある町なんです。

寒い海に住んでいる生き物は、身が引き締まっておいしい味がします。特にオホーツク海の生き物は、流氷に覆われている下にはプランクトンがたくさんいます。それが暖かい季節になると氷が溶けて、太陽が海に降り注ぎます。そして、それを合図にプランクトンは増殖を続けるのです。

その結果、栄養満点な海となって毛ガニはぷくぷくと太り、おいしいくなるのです。いわば、グルメなカニに育つのです。これが雄武町のカニ達です。

堅カニだから、身がびっしり!

雄武町のカニは、堅蟹という状態のものを食卓に届けています。「堅蟹ってなに?なんだか不味そうな響き‥。」と思うかもしれませんが、堅蟹はカニの最高な状態なんです。

堅蟹は、甲羅が堅いカニです。脱皮したてのカニは柔らかいですよね?時が経つにつれて甲羅は堅くなり、本当の大人になります。つまり、甲羅が堅いというのは大人のカニなのです。成熟している大人なので、子供のように身がスカスカなんて事はありません。身がぎっしりと詰まっているんです。カニの身はもちろんの事、カニ味噌までぎっしりです。

毛ガニは少し小振りなカニですが、身がびっしり入っているので食べごたえはあります。

雄武町産のカニがおいしい理由は、カニが育った環境とカニの状態に答えがあります。凍てつく寒さのオホーツク海は、食物の宝庫なのです。世界三大漁場とも言われているため、カニがおいしくないわけがありません。

そして、そのおいしいカニの中でも堅カニだけを食べれるのです。だから、雄武町のカニはおいしいんです。身がびっしりと詰まっているため、カニ通の人でも納得のおいしさでしょう。みんなが喜ぶようなビッシリの身入りです。そして、味は甘味があって繊細です。豊富なプランクトンと成熟したカニだからこそ、みんなが集まるお正月にぴったりな贅沢な味になります。

雄武産の毛ガニ買えます!

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ドクターズチョイス ファンガソープEX