まずいマルチビタミンのほうが効くの?

マルチビタミンには色々な種類があり、味や匂いも様々です。

毎日飲むサプリであることから、つい「飲みやすさ」を重視して選びたくなりますが、マルチビタミンはまずいもののほうが効く、まずいもののほうが良いという意見もあります。

本当に、まずいマルチビタミンのほうが良いのでしょうか。

まずいマルチビタミンのほうが効くのかどうか、調べてみました。

まずいマルチビタミンは品質が高い

まずいマルチビタミンは、正直言って飲みにくいと感じる人も多いと思います。

たとえすぐに飲み込んでしまうとしても、口の中にまずい味が広がるのは嫌ですよね。

しかし、まずいということはそれだけ余計なもの(添加物)を使っていないということ。

長期的に飲むものであるからこそ、できることなら添加物は少ないほうがいいですよね。

まずいものは余計な添加物を使ってコーティングをしていないので、品質は高いと言えるでしょう。

まずいマルチビタミンのほうが良いと言われるのは、このためです。

まずいからといって避けずに、「まずいほうが安全なんだ」と思えるようになるといいですね。

まとめ

まずいマルチビタミンについて、お話ししました。

まずいマルチビタミンは添加物が少ないということなので、長期的に摂るサプリとしてはおすすめできるもの。

まずいものは飲みにくいと感じるかもしれませんが、何を重視するのか、今一度考え直してみてください。