喘息の原因のひとつであるアレルゲンの除去や禁煙をすることで喘息の症状を悪化させずに発作を引き起こさない生活を送ることが大切

喘息が良くなる方法

予防薬を飲む

喘息というと咳こんで呼吸が苦しくなり吸入器を使用すると楽になるというイメージがあると思いますが、発作が起きないようにするための薬を飲むことで辛い喘息発作を予防できます。予防薬を飲んだからといって必ずしも喘息発作が起きないということではありませんが、飲んでいない状態よりは喘息発作を起こす頻度が低くなります。
年齢や喘息症状の程度によって飲む量が異なりますので、自己判断で飲む量を増減しないようにしましょう。また、途中で薬を中断すると発作が起きやすくなったり症状が悪化したりする場合もあります。医師の指示に従い、予防薬の服用を続けましょう。
喘息発作は起きてからではなく、起きないようにする事も改善への道です。

食べ物や飲み物に気をつける

喘息を抱えている人が控えた方が良い食べ物がありますが、その代表として香辛料があげられます。香辛料は気道粘膜を刺激してしまうため、発作に繋がりやすくなります。香辛料を使用する場合は控えめにしましょう。
飲み物ではアルコール飲料は控えたほうがいいでしょう。私達日本人は、体内のアルコールを分解する酵素が少ないといわれています。酵素の働き以上にアルコールを摂取すると肝臓でのアルコール分解が追いつかなくなり、肥満細胞からヒスタミンという物質を出します。このヒスタミンが発作を起こす原因になるため、過度なアルコールの摂取は控えるようにしましょう。

アレルギーに注意

喘息の原因のひとつにアレルギーがあります。卵や小麦などの食べ物やダニの死骸やほこりなどのハウスダスト、カビや動物の毛など様々な物質がアレルゲンとなり喘息発作を引き起こす原因になります。個々人によってアレルゲンとなる物質は異なります。何に対してアレルギー反応がでるのかは病院で調べることができます。アレルゲンを知り除去することも喘息発作が起きないようにする有効な方法です。

ストレスをためない

過度なストレスは体調不良を引き起こしやすくなり身体の免疫力を下げてしまうため、喘息の症状悪化や発作を繰り返す原因にもなります。
ストレスの原因は仕事や子育てなど人それぞれですが、ストレスをため込まない生活を送ることが喘息発作を起こさないことに繋がります。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動、自分の時間を作って好きなことをする、アロマエッセンス入りのお風呂にゆっくり入る、早めに布団に入り十分な睡眠をとるなどストレスを発散させることを心がけましょう。知らず知らずのうちに溜まったストレスが引き金となり喘息発作を起こしてしまうこともあるため、ストレスをため込まないことが大切になります。

タバコを吸わない

タバコには肺の機能低価や気管支の過敏性が増したり、副流煙での受動喫煙など喘息の症状を悪化させる原因になるため喘息の人はタバコを吸わないほうが望ましいです。「喘息を持っているが、タバコを吸っても発作は起きない」と言われる人もいますが、タバコの成分により気管支にダメージを与えるため喘息の症状は悪化しやすく発作も起きやすい状態になってしまいます。

喘息の原因である、「気道の炎症と気道の狭さ」を改善する、根本的な喘息改善法もあります。その方法は70000人以上の喘息患者を救ってきた方法で、やれば効果が得られる確かな方法です。あなたがもし、その方法「川井式喘息改善エクササイズ」を知りたいのなら以下より詳細をご覧下さい。

川井式喘息改善エクササイズの詳細はこちら