旦那のいびきを改善したい!まずは生活習慣を見直して見よう

いびきの悩みは十人十色と言われていますが、その中でも最近深刻だと言われているのが、男性に多いと言われている、まるで猛獣のようないびきです。特に同じ寝室で寝ている旦那さんのいびきがうるさくて睡眠を妨げられている奥さんはとても多いといわれていますが、若い頃には旦那さんのいびきを全く聞いたことが無いと言う人でも、中年を迎えた辺りから旦那さんが突然いびきをかくようになったと言うケースも珍しくないのです。また、男性と女性を比較すると、男性の方がいびきをかく確率が高いと高統計でも出ており、その原因は幾つかあります。

その中の1つが、生活習慣病の原因とも言われるメタボリック症候群や肥満です。男性の場合、30代後半あたりから加齢により体全体の代謝がどんどん悪くなっていきます。これまでと何も変わらない生活を送っていたとしても、よほどストイックに旦那さんの健康管理をしていない限りは、体は加齢と共に確実に変わっていきますので、代謝の低下と共に太りやすくなる事を考えて、食事や生活習慣の改善をする必要があります。また、何の対策も行わずそのままにしていると、睡眠中に呼吸をする為に重要な役割を果たす首回りや鼻腔にまで脂肪が付き、空気の通り道を圧迫したり狭めてしまう可能性があります。鼻腔に脂肪がつくと、鼻呼吸が困難になりいびきの原因と言われる口呼吸が癖になってしまうので注意しなければなりません。

口呼吸はいびきをかく人に多く見られる現象ですが、何も改善をせずにそのままにしておくと、狭くなった気道の粘膜が呼吸をする度に震えていびきが大きくなったり、免疫低下や酸素不足により体のバランスを保つ為のホルモンが分泌されない等、睡眠の質もどんどん落ちていきます。こう言った場合には、メタボリック症候群や肥満を解消する事が1番早くいびきを解消できますが、同時に喉や首の筋肉を鍛えてダイエットによりたるんだ皮膚が気道を圧迫するのを防ぎましょう。

次に男性のいびきの原因として考えられるのは、ストレスや精神的な疲労の蓄積になります。人間の体はストレスを受けることで脳が酸素不足になり睡眠が浅くなってしまいます。脳に十分に酸素が行き渡らなくなると、体に様々な指令を送っている脳の機能も正常に働かなくなってしまいます。 いびきを解消する為には、なるべくストレスを溜め込まないようにして、ぐっすりと眠れる環境を整えなければなりません。ストレスを軽減する為にはしっかりとお風呂に浸かり体を温める事や、適度な運動をするのが効果的です。また、アイマスクを使用したりアロマオイルを焚いておくと安眠効果が期待できますのでいびき防止効果も期待できます。

男性は、付き合い等でお酒を飲まれる機会も多いと思いますが、アルコールには筋肉を緩める作用があり、それがいびきの原因となる場合もあります。そのメカニズムとは、舌の付け根や咽頭と言った呼吸に関する部位の筋肉が、アルコールにより緩む事で、上気道に舌や筋肉が落ち込みいびきが発生してしまうのです。普段はいびきをかかない人でもお酒を飲むといびきをかいてしまうのは、この様な理由になります。寝つきが悪いからとお酒を飲んでからしか寝られないと言う場合、それがいびきを悪化させている可能性があります。旦那さんが習慣としてお酒を毎日飲まれると言う場合には、いきなりお酒を止めるのは難しいので、お酒の量を減らしたり、休肝日を設ける様に進めてみましょう。