マイナス思考のメリットは最悪の事態を未然に防いだり対処したりする力

マイナス思考のメリット

 
「人生はプラス思考のほうが幸せになれるからマイナス思考は嫌だ!」
このような考えもわかりますが、実はマイナス思考にもメリットがあります。
マイナス思考の方は、ありもしないマイナスを考え現実を無視してネガティブに苛まされて苦しくなります。
つまり、「マイナスな出来事を想定する力があるから、マイナスを未然に防ぐことが出来る力の上限値を上げる」ことなのです。
マイナスを未然に防ぐ力が平均100だとした場合、ネガティブに苛まされて苦しくなっている方はマイナスを未然に防ぐ力の上限値が500とかある場合があるのです。
ただし、上限値ですので実際にはマイナスを未然に防ぐ力は40などです。
40/500
そう、実力をあげて上限値に近づく努力をすれば最悪の事態を未然に防いだり対処したりする力になるのです。
これがマイナス思考の方のメリットです。
このメリットをしっかり生かすには思考や感情のコントロールが出来るようになる必要があります。

思考と感情のコントロール

思考と感情のコントロールですが、まず思考のコントロールは難しいです。
思考は「自動思考」と呼ばれる、自動的に起こる思考があるのですが、これは誰でも経験済みのものです。
自動的に思考してしまいます。
この自動思考はどこから来るのか?
それは無意識の中の感情や情報の纏まりから来ます。
例えば、無意識の中に劣等感などのたくさんの感情が纏まってある場合、そこから劣等感に関する自動思考が出てきてしまうのです。
マイナスから抜け出すにはこの自動思考をマイナスからプラスに変えて、そしてコントロールする必要があります。
私たちは感情をコントロールすることが出来ます。
感情は解釈の結果、生まれるので解釈を変えることで生み出す感情をコントロールできるのです。
目の前の物事をどう解釈するかで、感情が生まれるのです。
例えばお年寄りを見たときに「無価値な年寄り」と解釈するか、それとも「私たちより先に生きていろんなことを教えてくれた素晴らしい存在」と解釈するかで生まれる感情は180度変わります。
なので整ったプラスな解釈を増やせば、良い感情を生み出していき、それが無意識の中に増えていき、プラスな自動思考が出来上がってくるのです。

プラス思考のほうを多めにバランスをとる

最悪の事態を未然に防いだり対処したりする力を手に入れることが出来るようになってきます。
プラス思考のほうを多めにバランスをとることが大事になります。
プラスが6~7でマイナスが4~3程度が好ましいとされています。
 
マイナスが多い方は無意識の中にプラスを増やすことを意識してトレーニングなど行ってください。
 
トレーニングは『プラス思考トレーニング』(120日連続メール) がおすすめです。
マイナスにだけ囚われてしまった偏った世界から自分の足で脱出し、プラスとマイナスのバランスをとれた世界へ一歩踏み出しましょう!

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)