合成界面活性剤の危険性

合成界面活性剤という名前はよく知らなくても聞いたことがあるかもしれません。
それくらい色んなものの中に入っています。歯磨き粉、化粧品、シャンプー、洗濯用洗剤、食器洗い用洗剤、ハンドソープなどなど、他の商品も生活の中で欠かせないものたちばかりです。
合成界面活性剤とは、簡単に言うと、普通に水で洗うだけではとれない油分を取りやすくするための成分です。これが水と油と交わると油が落ちるようになります。
この成分が時間をかけて体の中に蓄積されていくと大変危険なのです。
例えば直接肌に触れる歯磨き粉や乳液のクリームなど、皮膚を通して少しずつ身体の中に浸透していきます。
肌に直接触れると言うことはまず皮膚の障害がおきます。皮膚が割れて手が荒れたりします。合成界面活性剤は手に残りやすくなかなか落ちません。だから深刻になると皮膚炎を引き起こします。
体内に蓄積した合成界面活性剤は体中を回ります。そしていろいろな所に影響を起こしていきます。
一番怖いのがこれ、発ガン性物質の接取促進に結び付いているらしいということなんです。恐ろしい話です。あくまでも合成界面活性剤自体は発がん性物質ではなく、がんを引き起こす可能性があるということです。
そのほか妊娠率の低下、肝臓障害など起きるらしいということが分かってきています。 意外にもこの事実を私たちはよく知りません。なぜなら報道されないからです。
皆さんも一度この危険性をよく考えて見てください 。
【おすすめ】
洗剤の影響で皮膚障害、抜け毛が多くなっていた方がここで紹介されているマルセイユ石鹸を使用してから劇的改善しました!