オルニチンが不足するとどんな影響が出るの?

オルニチンは肝臓のオルニチンサイクルというアンモニアを分解する時に
使われる遊離アミノ酸です。
人体は有毒物質が貯まれば貯まるほど体に不調をきたします。
有毒物質を害のない尿素に変える働きをしてくれるのがオルニチンです。
オルニチンが不足すると肝臓の解毒作用が弱まり
体の疲れがとれにくく常に体がだるいなど体のどこかが
おかしいな?不調だな?と感じるようになります。
他にも新陳代謝や免疫力や基礎代謝の低下、肌の老化や肩こりなどがあります。
女性にとっては死活問題になるくらい深刻ですよね。
太りやすく痩せにくい体質になったり風邪をひきやすくなったりと
病気にもなりやすくなるんですから。
また、人体は体の不調をきたすとイライラしたり気分が落ち込んだりと
内面的な部分にも大きく影響を与えストレスの原因にもなります。
オルニチンは体内でも生成される遊離アミノ酸で常に体内を循環しています。
だからといって体内で生成されるオルニチンだけでは力不足もあるでしょう。
常にオルニチンが不足しないように少ない量ではあってもオルニチンを
多く含む食品の摂取を心がけたり必要であればサプリメントを使用したりして
オルニチンが不足しないように心がけていきましょう。
【オル二チンならしじみ習慣】

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)