いびきを改善には横向きに寝ることが効果的?

毎日寝る時に皆さんはどの様な姿勢だと楽に寝られるでしょうか?仰向けに寝るのが楽と言う方もいれば、横向きやうつ伏せじゃないと寝られないと言う方もいるかもしれません。実は寝方によって、体に隠れている様々な問題(不調)を知る事ができるのです。まず、人間は通常仰向けで寝るのが1番良いとされていますが、その理由として仰向けで寝た状態が呼吸をしたときに酸素をしっかりと取り込めて、仰向けで寝ることで一点に体重がかかることを防げますし、体にも負担がかからず内臓も圧迫しないと考えられるからです。
しかし、横向きやうつ伏せが楽だと言う場合には、無意識に呼吸が楽な姿勢になっている可能性があると考えても良いでしょう。なぜ横向きに寝ると呼吸が楽になるかと言いますと、仰向けで寝た時に体に何の問題も無ければ、喉に位置する気道がちゃんと確保されて、睡眠中も呼吸が楽にできるのですが、舌の筋力が衰えていたり喉の筋肉がたるんでいると、気道にまで舌が落ち込んだり、たるんだ筋肉が空気の通り道である気道を塞いでしまい、仰向けで寝ることがとても苦しく感じてしまうからです。そして、舌の落ち込みを無意識に避けたり気道を確保しようとして、気が付くと横向きに寝る様になってしまうのです。それはうつ伏せで寝る人もほぼ同じ理由と考えられています。
もしも、横向きやうつ伏せで寝る事が楽だと感じているならば、仰向けで寝た時にはいびきをかいている可能性が高いのかもしれません。横向きに寝る理由として呼吸は全く関係無く、体自体が楽だからと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、実際横向きやうつ伏せで寝る事が楽になってしまうと、体が歪んでしまったり胃腸の調子が悪くなってしまいます。そう言った事からも、どの様な寝方をしても呼吸が楽に寝られる様に改善して行く事が、健康の為にも理想的かもしれません。横向きやうつ伏せで寝る事が癖になっている方は、簡単ないびき改善方法で仰向けに寝られる様に体を変えて行きましょう。
まず、横向きで寝ると息苦しさを感じると言う方には、いびき改善用の枕がオススメです。最近ではデパートやショッピングモールなどでもオーダーメイドの枕を、手軽に作ることができます。自分の体に合った枕は、頭がしっかりと固定されるだけでなく、仰向けで寝た時にも気道がしっかりと確保されますので、呼吸がスムーズになりいびきを解消することができます。枕を変えるとなかなか寝られないという人には、いびきを防止するテープもオススメです。いびきを防止するテープは鼻の上から貼るだけでも鼻腔が広がり、自然と気持ちの良い鼻呼吸ができる様になります。枕の高さがきちんと首に合っている上で、補助的な役割としていびき防止テープを使用するのがさらに効果的ですが、テープのみを使う場合は抱き枕等を抱いて寝ることで、体もしっかりと固定されて体重が一点にのしかかる事を避ける事ができるでしょう。
いびき防止・改善アイテムを使うことで、就寝時の呼吸がスムーズに行く様になれば、自然と仰向けに寝られるようにシフトチェンジする事も期待できます。正しい姿勢でしっかりと睡眠を取り、体を休める事は体全体の健康を維持していく上でもとても重要です。現在横向きやうつぶせでしか寝られないという方は、早めに改善を行って質の良い睡眠を手に入れましょう。