いびきと歯ぎしりの関係はあるの?いびきの改善方法とは?

寝ている時に歯ぎしりをしてしまう人は結構多いと言われています。しかし、本人は熟睡していますから、睡眠中に何が起きているのかわからないと言う場合がほとんどですし、歯医者さんに行った時に奥歯がすり減っている事を歯科医から指摘されて、初めて歯ぎしりをしている事を知る方もいらっしゃるかと思います。そして、歯ぎしりと同時に起こりやすいのがいびきになります。一見歯ぎしりといびきは無関係に思われがちですが、いびきの原因にストレスや扁桃腺の疾患があると言われており、歯ぎしりの原因もいびきと同じ様なメカニズムで起こっていると考えられているのです。
歯ぎしりをしてしまう方は、顎を左右に動かす様にして、ギリギリと音を立てながら歯の噛み合わせ部分を擦ってしまうのが特徴ですが、この時には咀嚼筋を使って顎を動かしていると考えられます。咀嚼筋は食べ物を噛んだりする時に使う筋肉ですが、この筋肉が弱くなったりすると歯の噛み合わせが悪くなってしまったり、同時に喉や舌の筋肉も衰えていきます。やがて筋肉が衰えると、睡眠中に舌が喉に落ち込んでしまったり、喉の筋肉や粘膜が呼吸の度にブルブルと震えて、大きないびきがでてしまうのです。また、眠りが浅い時に歯ぎしりをする方も多いのですが、いびきも同じ様に眠りが浅い時にかきやすく、特にストレスが溜まっているとひどくなるので注意が必要かもしれません。
いびきと歯ぎしりを改善する為には、咀嚼筋から喉にかけて繋がる筋肉を、日頃から鍛えておく事が重要になってきます。咀嚼筋を鍛えるには、歯ごたえのある食べ物を積極的に摂ることがお勧めです。最近はファストフードや柔らかく口当たりの良い食べ物が増えていますが、なるべく素材を生かした栄養バランスの良い食事メニューを摂取する様にして、最低でも30回は噛むように心がけましょう。咀嚼筋と繋がっている喉や舌の根の筋肉ですが、首を左右前後に倒したあとぐるりと回す等、軽いストレッチで血液循環を促した後、舌は突き出してぐるぐると円を描くように回してみたり、顎や鼻先につく様なイメージで上下に伸ばして筋トレしてみると、咀嚼筋、喉、舌と鍛えられます。
歯ぎしりの主な原因となっているストレスに関して、上手く発散できない方には食事療法やアロマもお勧めです。ストレスが溜まり易い性格と言えば、正義感が強い、几帳面、完璧主義者、神経質の方に多い傾向にありますが、加齢によるホルモンバランスの崩れや、カルシウム不足もイライラの元になります。そこで、カルシウム豊富な食材としてチーズ等の乳製品や小魚、女性のホルモンバランスを整える大豆製品をメニューに取り入れてみましょう。また、天然アロマの香りを部屋に充満させてから眠る事で、精神的に落ち着きを取り戻し歯ぎしりやいびき防止にも効果的です。アロマの中でも、ユーカリ、ペパーミント、カモミール、ラベンダーは鼻の通りも良くしてくれますし、ストレスを軽減する効果も期待できるでしょう。
歯ぎしりやいびきを完全に解消するには、食生活や生活習慣を見直してゆっくり時間をかけて改善して行くのが、リバウンドを防ぐコツにもなります。根気良く取り組んで、気持ちの良い快眠を目指しましょう。