いびきを改善したいなら喉の異変に気が付こう

いびきに悩んでいる人は、どうやったらこのいびきから解放されるのかと悩み、一度はいびき知らずの心地よい眠りについてみたいと思いますよね。いびきは原因さえ分かれば必ず改善方法もありますし、決して治らないものではありませんので、まずはいびきのメカニズムを知り、自分のいびきのタイプに合った改善策を見つけて行きましょう。
当たり前ですがいびきが起こるのは、睡眠状態に入った無意識の状態がほとんどです。つまり全身が脱力状態にあり、何もかもの力が緩んでいる時ですから、普段は意識的に締まっている筋肉も緩んでいます。そして、寝ているときに呼吸をしますが、空気が通る為にある喉の上気道が喉の筋肉の緩みにより塞がれてしまうと、呼吸をする度に震えていびき特有の大きな音が出てしまうのです。
また太り易い人も要注意です、肥満はいびきの大きな原因となる事が分かっており、いびきをかいてしまう人は喉に脂肪が付いていると考えられます。喉についた脂肪は仰向けに寝たとき気道にのしかかり圧迫しますので、呼吸をする度に狭くなった気道を空気が無理矢理通ろうとする為、粘膜が震えたり口呼吸によって大きないびきが出る原因になります。
次に、いびきが慢性的に起こっていて音もかなり大きいと言う場合には、もしかしたら喉に何か病気が隠れているかもしれません。いびきが発生してしまう病気として知られているのが扁桃腺肥大です。扁桃腺はのどちんこの両脇に位置する場所にあり、そこが腫れた様に膨らんでしまう病気になります。この病気は大人だけでなく子供もかかる可能性が高く、子供の場合には寝ている時に胸部が極端に凹む、体が痩せると言う特徴があります。扁桃腺肥大は正しい治療や手術を行えば、完治も見込めますので心当たりのある方は、必ず病院で診察してもらい治療を行う事をお勧めします。
こう言った事例をみても、いかに喉といびきが密接な関係にあるのかお分り頂けたかと思います。いびきをかかない様にする為には、まず喉に何かしらの異変が起きていないかを知る必要があります。例えば、喉の筋肉が加齢によって衰えている場合でしたら、喉の筋トレとして舌を回す運動を毎日の生活に取り入れて見たり、喉のストレッチも効果的です。肥満体質の方でしたら、ダイエットをされるだけでも喉の余分な脂肪が取れるので、気道にも負担がかかりません。
ストレスや飲酒もいびきの原因になります。特に疲労に伴うストレス症状は眠りを浅くしますし、寝苦しさからいびきを発生させてしまうのです。飲酒に関しても、毎日適量を守り程々に飲まれている人よりも、時々ですが深酒をしてしまう人の方がいびきをかきやすいとも言われています。お酒は百薬の長とも言われますが、飲みすぎてしまえば意味がありません。お酒の力を使って直ぐに眠る事ができるかもしれませんが、脱水症状を起こして寝苦しくなり何度も喉が乾き目が覚めてしまいます。いびきを改善する為には原因別の対策も重要ですが、普段からの生活習慣を見直して健康な体作りを目指して行きましょう。