寝相といびきの関係って?改善はできるのか

寝ている時は無意識ですから、自分がどの様な寝姿をしているのか知る事ができませんよね。しかし、隣で寝ているパートナーや家族、旅行等で一緒の部屋になった友人等から「寝相が凄かったよ」と言われたり、目覚めた時にシーツや寝具がめちゃくちゃになっていたとしたら、寝相だけに留まらず同時にいびきをかいているかもしれません。まず、寝相を指摘された場合には、同時にいびきをかいていなかったかを訊ねてみるのが良いかと思います。
なぜ寝相が悪いといびきをかいてしまうのか、その理由として寝相が悪いと無意識に寝苦しさを感じているからと考えられます。寝苦しさを感じる原因は色々ありますが、例えばストレスにより脳が酸素不足に陥ってしまった場合、自律神経が乱れてしまい、呼吸が浅くなり安眠につくことができないのです。
呼吸が浅くなると言う事は、眠っている時に酸素が脳に十分に行き渡らず、少しでも酸素を効率的に取り入れられる姿勢を探せる様に、無意識に体を動かしたりして自然と寝相が悪くなってしまいます。また、いびきの原因である口呼吸も鼻呼吸では十分に酸素が取り入れられない為に起こると考えられます。
酸素が不足すると、体中の血液循環が悪くなる事で、新陳代謝も上手く行きません。そうなると、喉に脂肪がつきやすくなったり、舌の筋肉が緩み易くなりますので、どんな姿勢で寝たとしても、伸縮性を失った筋肉が気道を塞ぐ様に垂れて、呼吸をする度にいびきがでてしまい、息苦しさのあまり寝返りを何度もうってしまうのです。そういった事からも、寝相の悪さやそれに伴ういびきを甘くみず、まずは根本的な改善を始めるのをおすすめします。
いびきを根本的に解決する方法は、いびき外来での専門の治療、病院での投薬、喉の筋トレ、サプリメント等も人気となっていますが、病院に通う事も無く、薬も使わずいびきを元から改善する方法があるのです。その方法を公開しているのが、「家庭でもできるいびき改善完全マニュアル」いびきを元から改善する1日10分スゴ技テクニックになります。
この教材は、いびきに実際悩んできた方が実体験を元に作ったプログラムになりますので、その場しのぎのいびき改善プログラムではありません。また、いびきでも重度と言われる睡眠時無呼吸症候群に代表される、重度のいびきの方が手術等の治療により入院が難しいと言う場合でも、このプログラムにより時間に縛られる事無く、ご自身のペースでいびき改善に成功されています。
いびきを改善する為のミラクルテクニックは、なぜいびきが発生するのかを喉や鼻の構造を踏まえた上で追求していかなくてはなりません。それを無視する事無く自力で改善できる方法を編み出したのが「家庭でもできるいびき改善完全マニュアル」ですので、1度いびき改善に成功したら、2度といびき生活に戻る事も無く、一生リバウンドもありません。
もしもいびきに悩んでいると言う方は、是非プログラムに目を通して、自然にいびきや寝相が改善されていき、寝起きに爽快感を感じられる、質の良い睡眠を味わってみましょう。