オルニチンの効果的な摂取方法

オルニチンは成長ホルモンを分泌促進させる作用があることから成長ホルモンが一番活発に動く時間に摂取するとオルニチンのよりよい効果が期待できます。
成長ホルモンが活発になるのは寝ている時なので寝る前に摂取すればいいのでは?と思いますよね?寝る時間が夕飯を食べたあと6時間以上経っていればいいのですが、そうでない場合は血糖値が上昇していて成長ホルモンの分泌を妨げてしまうため効果が期待できません。血糖値は食後2時間で上昇のピークを迎え徐々に下がりだします。そのため血糖値が上昇しているであろう時間帯にオルニチンを摂取したとしても効果が期待できないのです。
夕飯を食べた後6時間以上経たずに寝る方に効果のある摂取方法として推奨されるのが朝食を食べる30分前にオルニチンを摂取することです。朝早くに摂取しても寝る時間まで10時間以上はあるんだから効果ないのでは?と疑問がでますよね?
オルニチンって実は脳の下垂体という所に貯蓄されるので問題ないのです。朝食を食べる前だと血糖値も上昇していないのでオルニチンを体内に取り込んで脳の下垂体に貯蓄してしまうのです。寝る時に貯蓄されたオルニチンを使って成長ホルモンを分泌を促して活性化させます。
また成長ホルモン分泌を促進させるアルギニンというアミノ酸と一緒に摂取することにより相乗効果で更に効果がでるといわれています。摂取する時間や一緒に摂取する成分を考えたりすることでオルニチンのよりよい効果が発揮できるのです。
アルギニンをしっかり摂取したい方は「ドクターズチョイス L-アルギニン5000プラス」が一番おすすめです。

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)