大音量のいびき…危険かも

夫は昔から寝ぼける事が多かったです。寝起きすぐに会話しても、後で聞くと覚えていなかったり、夜遅くに電話した時の内容を忘れていたり。
それから、結婚当初は気にしなかったいびきが、だんだん大きくなっていきました。今では隣の部屋の子どもが寝られなかったり、階下の姑が注意してくるほどです。
と同時に昼間も寝る回数が増えて、ぼうっとしていました。
私は最近良く聞く睡眠障害かもしれないと思い、睡眠障害専門のクリニックに夫を連れて行きました。幸運にも住んでいる市内に専門外来が新しくできたのです。
まず始めに、先生は夫の身長体重を聞き、鼻から顎、喉仏などを測定しました。それから普段の生活について、睡眠時間を聞き、最後に家で睡眠時の呼吸を測定するようにと、機械を渡しました。
数日後測定結果を持って行きますと、やはり睡眠時無呼吸症候群のようです。夫は肥満で顎の下に厚い肉がついています。また鼻もつまりやすく、寝ている時に顎が下に引っ張られて、口が空いてしまうという事でした。
顎の下の肉が厚いと呼吸器を圧迫し、無呼吸状態になりやすく、危険なのです。
夫は、ほぼ無呼吸症候群に間違いないようでしたが、正確なデータを取るために1泊して検査をしました。
結局その後治療が始まり、気道を開ける(?)器具を毎日装着して寝るようになりました。
いびきが特に大きい人は気をつけて下さいね。
RPさんより