いびき改善に良い食事ってなに?

気持ちよく眠ろうとした時、隣から怪獣の様な声で「グオー」「ガオー」と大きな音でいびきが聞こえてきたらどうでしょうか?正直うるさいと思いますし、いびきがうるさいからといってその人を叩き起こす事も、なんだか申し訳無いと思ってしまいますよね。そんないびきを改善する方法ですが、グッズから筋トレ等、実に沢山の方法があります。その中でも、あまり知られていないのが、いびきを改善する食事メニューや食材になります。
いびきを改善するには毎日の生活習慣が大きく関わっていますが、中でも食事メニューにどんな食材を加えるかによって、体質も変わりますし、いびきが徐々に改善されて行くのです。例えば、いびきをかいてしまう人に多いのが、肥満体質の方です。肥満になると、体だけでは無く首回りにも脂肪がつきますので、それによって喉が圧迫されて呼吸がしずらくなってしまうのです。
呼吸がしずらくなった時には、喉に位置する呼吸をする為の気道が狭くなっていると考えられますので、まずは喉についてしまった脂肪を取り除く為にも、ダイエットから始めなければいけません。肥満の原因として考えられるのは、やはり食生活が自分の好きな食材ばかりに偏っていたり、食事の時間も大きく関係してきますので、1日3食をなるべく決まった時間に食べる様に心掛けましょう。
次に、どんな食材を食べるかですが、なるべく低脂肪の食材がお勧めです。お肉を食べたいと思った時には、脂の多い部位はなるべく避けるようにして、できれば筋肉の強化にも役立つ赤身のお肉や、高タンパク低カロリーのささ身や胸肉などをお勧めします。いびきの原因には、気道の周りにある筋肉や、喉に繋がる舌の筋肉の衰えも考えられますので、低カロリーでなおかつ筋肉に良いとされる食材をメニューに加えるのが良いでしょう。
次に、いびきを改善するのに口の周りの筋肉を鍛える事で、口呼吸を防ぎいびきを防止する効果があると言われていますので、歯ごたえのある食材をメニューに取り入れると良いとされています。野菜でしたらビタミンCが豊富なブロッコリーは、自然と良く噛んで食べる食材になりますので特にお勧めです。茹でてサラダにしても良いですし、アミノ酸たっぷりのお魚や鶏肉等と一緒に炒めても美味しく頂けるかと思います。
いびきはストレスも関係していると言われており、就寝前にストレスで眠れない方には、興奮を落ち着かせる作用のあるカルシウム豊富なチーズや小魚と言った乳製品を食べると、精神が安定して安眠を促します。寝る前に牛乳を飲むと落ち着いて寝られると言われているのは、こう言った効果が期待できるからでしょう。
1日でも早くいびきを解消するには、様々ないびき改善方法を実践するのと同時に、1日3食の食事メニューの見直しをされる事が、より早いいびき改善を見込めるかと思います。健康と快眠に効果的な食材を、積極的に食事メニューに取り入れて、いびきを撃退していきましょう。