いびきを改善するには飲酒を控える事が効果的って本当?

ご家庭で晩酌をされる方や、会社の仲間や友達と、飲み会や宴会等で飲酒の機会が多いと言う方の中で、いつもはいびきをかかずにぐっすり眠れるのに、お酒を飲んだときだけ大きないびきをかいてしまうと言う方がいらっしゃいます。いびきをかいている間は熟睡しているような錯覚に陥りますが、朝起きるとなぜか頭が痛く、喉はカラカラ、目覚めも悪いと言うケースがほとんどで、いびきと飲酒は切っても切り離せない関係にあることがわかります。ここで不思議なのはなぜお酒を飲んでしまった時に限り、いびきをかいてしまうのかと言うことです。
もしかしたら毎日寝付きが悪い為、わざわざお酒を飲んでから眠ると言う方もいらっしゃるかもしれません。確かにお酒を飲むと自然に眠気が襲ってきて、気がついたら眠ってしまうと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はお酒を飲むことにより筋肉が緩むことをご存知でしょうか?寝ている時に呼吸を司る上気道の周りの筋肉が緩む事により、空気の通り道が狭くなり、呼吸をするたびにいびきが発生してしまうのです。
いびきをかいて寝ていると言う事は、就寝中に十分な酸素が体に取り込めませんので、どうしても寝苦しくなってしまいますし、何度も寝返りをうってしまったり、途中で目が覚めてしまったりと質の良い深い睡眠に入ることができません。またお酒を飲んでいる時には脱水症状に陥りやすく、口呼吸になってしまって余計に脱水症状がひどくなってしまいます。体が脱水症状を起こしてしまうと、今度は血液がドロドロになって血液循環の悪化を起こしますので、血管が膨張することで頭痛を起こしてしまうのです。つまり、二日酔いは余計にひどくなると言うことになります。
もし、お酒を飲むと必ずいびきをかいてしまうと言う場合には、知らず知らずのうちに体を危険な状態にさらしているかもしれませんので注意が必要です。ではどのようにしたら楽しくお酒を飲んだ後に、いびきをかかず気持ちよく眠れるのか?それは、お酒を飲んだ日の後の行動にかかっています。まず、家に帰ってからすぐにベッドに入ろうとせずに、お水やお茶、スポーツドリンクなど水分をしっかりと補給して、少し酔いが冷めるまで待ってからお風呂に入り就寝するようにしましょう。
しっかりと水分補給をすることにより肝臓の機能が早く回復したり、血液の流れも良くなります。そしてお酒を飲んでいるときは血液が濃くなっていますので、水分補給をしてから少し時間を置いてぬるめのお風呂に入るようにしましょう。深酒をしてしまった時は、お風呂に入ると心臓にも負担をかけますしとても危険ですので、たとえ水分補給をしっかりしていたとしても必ず泥酔をしていない状態で入るように気をつけてください。
どうしても楽しいお酒の席ですからついつい飲み過ぎてしまうかもしれませんが、いびきをかいて寝てしまい次の日体調が悪くなってしまっては元も子もありません、いびきを防止する為に1番効果的なのは、やはりお酒を飲みすぎないことですので、ご自分がお酒を飲んでしまった日に目覚めが悪かったり、いびきをかいていると指摘された場合は、それを踏まえお酒はほどほどに控えて、いびきをかかない質の良い睡眠でしっかりと体の疲れを癒しましょう。