褒めることで自分の良い部分にフォーカスできるようになってくると心の底から自分を好きになっていけます。

プラス思考になりたいと思っている人は、自分が嫌いだからこそ変わりたいと思っている証拠です。すぐにマイナスに考えて悩んでしまう自分が嫌い。すぐに愚痴をこぼしてしまう自分が嫌い。弱音を吐いたり暴言を吐いたりしてしまう自分が嫌い。自分が嫌いな人でもプラス思考になりたいという意思があるのなら必ず変わることが出来ます。
プラス思考になりたいのであれば、自分のことも好きになることが大事です。「こんな自分が嫌い」と言っているうちはプラス思考とはまだ程遠いです。「嫌い」というのはネガティブワードです。プラス思考になりたいならば、そんな自分も好きになることが大切です。
どうか自分のことを嫌いだなんて言わずに沢山褒めてあげて下さい。褒める部分なんてないと思うかも知れませんが、ちょっとしたことでもいいんですよ。今日も会社に行った自分は素晴らしい!ちゃんと歯を磨いて素晴らしい!ペットのお世話をした自分は素晴らしい!本当にどんなことでも構いません。
そしてもしマイナス思考になったり愚痴ったりしても自己嫌悪にはならないこと。そんな時は「たまにはこういうこともあるよね」と自分で自分を褒めてあげて下さい。自分のことを褒めまくって好きになると、他のことでもプラスに考えられるようになって来ます。
褒めることで自分の良い部分にフォーカスできるようになってくると心の底から自分を好きになっていけます。

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)