心あってこそ‥『現代広告の心理技術101』

商売と言えるか分かりませんが‥私の経験した事でお話をさせて頂きます(^^)
私は介護士になる事が夢で努力をしてきました。その1つとして、本を沢山読みました。
元々、本を読む事が好きだったというのもありますが‥。
本は文章という形から、様々な想いや状況を自身の中で想像し、作者が何を伝えたいか・読者に何を感じて欲しいかなどを考える事が出来ます。
また、色々な本を読むことで知識も増えます。
そういった点からでも、本を読む事で得られるものが沢山あると感じていたので、よく読んでいました(^_^)v
そうした努力を積み重ね‥、高校卒業と同時に資格を取得し、介護士として働き始めました!
介護士というお仕事は、常に相手の想いを様々な点から想像し、考え、汲み取ることが求められると思います。
自分の想いを伝える事が困難な方もいらっしゃいます。
今、何を望んでいるのか?
今、何を伝えたいのか?
そういった想いを
介護士は理解し、想像をし、自分に何が出来るか、何をすべきか考え‥。それが出来て初めて、手助けをさせて頂けます。
単にお仕事や手助けをすることは簡単です。
しかしそれだけでは、利用者様にとって‥ご家族にとって‥
心から満足し、安心し、信頼をして頂く事は出来ないです(T_T)
どんなお仕事でもそうですが
例え‥どんなに素晴らしい商品であったり、価格といったものであっても‥。
そこに人の心や温かさ・信頼が感じられなければ、それはすぐに相手の心から離れ、途絶えてしまうと思うのです。
私が経験した介護士というお仕事もそうです。
どんなに立派で環境が整った建物であっても、価格であっても‥。
その中で手助けをさせて頂いてる介護士の、相手の想いを汲み取り、大切にする心や温かさ・信頼関係がなければ
利用者様やご家族にとっては必要なくなってしまいます。
商売をするにあたり、その環境やお金、商品の良さももちろん大事な部分です。
ですが‥そこに互いを想う心や理解する心・信頼などがあってこそ
より素晴らしく感じられ、成り立っていくのではないかと思います(^^)
文:Fさん
今一番お勧めの本は海外の良書で翻訳されていて通常の書店では手に入らない本
『現代広告の心理技術101』です。