プラス思考になる為のタブーな言葉。ある会社では、「ない」という言葉は絶対に使わせないようにしているそうです。 「売れない」 「上手くいかない」 などの言葉は、その会社では禁句に!

朝起きてから寝るまでの時間に、たいていの人は「まかさ」 「やっぱり」 「どうせ」といった言葉を何回となく使っているでしょう。「やっぱり自分にはできない」「どうせ無理だろう」など、このような言葉は意外と私達の周囲に満ち溢れていますよね。
ある会社では、「ない」という言葉は絶対に使わせないようにしているそうです。 「売れない」 「上手くいかない」 などの言葉は、その会社では禁句にしているようです。
私達には潜在意識というものがあります。 潜在意識は奉仕する機関であり、自分がそうなりたい、あるいは肉体的・物質的なものに移し変えてもらいたいと思っているものを、その通りに反応して実現してくれるものです。
ですから、自分が意識する事や口に出して言っている事は、例えそれが間違っている事であっても、潜在意識はそれを実現してしまうのです。「まさか」 「やっぱり」 「どうせ」という言葉が好ましくない意味も、これで分かったと思います。
このような言葉は有害な言い方になる場合が多く、それを日常的に繰り返していると、潜在意識はそれを本当の願望だと思ってしまい、最終的にはそのようなマイナスの結果を招いてしまうのです。
その代わりに「上手くいっている」 「自分はどんな事もできる」といったような、プラスをもたらす肯定的な言い方を習慣にすると良いです。 人間は、意外と自分にマイナスになる言葉を無意識に口に出すものです。 言葉の威力というものを決して軽くみないで、プラスになる言葉を口に出していきましょう。
プラス思考はトレーニングするものです。諦めずにトレーニングしていきましょう。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)