不妊の原因は男性側にもある!?自宅で精子・精液検査をしませんか?郵送検査で簡単!

不妊の原因は男性側にもある!?自宅で精子・精液検査をしませんか?郵送検査で簡単!

【1】不妊とはどういうことを示す?

妊娠を望んでいる人は『不妊』という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。
妊娠をすることができない原因の1つとして『不妊』があげられることはいうまでも入れません。
子供が欲しいと望んでいるのになかなか妊娠することができない…。
自分は健康で元気なのになぜ妊娠することができないのか…。
こういった時に「もしかしたら『不妊』なのではないか。」と感じて悩んでいる人は世の中にはたくさんいます。
では『不妊』とはどのような場合を指すのでしょうか?
「避妊をしなかったらすぐに妊娠出来ちゃった。」
「出来るはずのない時に出来た。」
というのはよく聞かれますがこれはごく当たり前のことなのです。
避妊をせずに性行為を行うことは妊娠の可能性があることなのですから。
ところが性行為を行っているにも関わらずなかなか妊娠に至ることができない人も中にはいます。
日本では一般的に一定期間性行為を行っているにも関わらず妊娠に至らない場合に『不妊』と定義しています。
一定期間というのは1年間というのが一般的です。
その定義の理由はほとんどの人が一般的に避妊をせずに性行為を行っていれば半数以上の人が半年ほどで妊娠をすると言われていることにあります。
データでも避妊せずに妊娠をする確率は半年で70パーセント、1年ではさらに上がると言われています。
1年経って妊娠しなかった場合は何らかの『不妊』の原因があると言えるでしょう。

【12/1からキャンペーン開始!】郵送精子検査サービス【ベビーライフ研究所】

【2】不妊の原因は?

性行為を行い、受精に至り、その受精卵が上手く着床した場合、妊娠が成立します。
妊娠に至ることは奇跡です。
性行為を行えば簡単に妊娠できると思われていますが、妊娠は簡単なことではないのです。
健康な男女が性行為を行った場合でも1周期辺りの妊娠する確率は25パーセントから30パーセントと言われています。
さらに受精して着床し、妊娠が成立する確率は約20パーセントです。
そして年齢を重ねるごとに妊娠の確率はどんどん低下していきます。
このように妊娠は簡単なことではないのです。
ただ『不妊』の場合は妊娠まで至らないことがほとんどです。
では『不妊』の原因にはどのようなものがあるのでしょうか?
その原因としては女性側にある場合、男性側にある場合、またはその両方にある場合があります。
ですが中にはそのどちらにも原因がない場合もあるのです。
世間では『不妊』の原因は女性にあると思われがちです。
「中々妊娠ができない為、周りから責められ、涙が出ます。」
「周りはどんどん妊娠するのに自分は妊娠出来ずプレッシャーを感じています。」
妊娠を出来ないことで自分に不甲斐なさややるせなさを感じている女性は多いです。
特に上記の言葉はよく聞かれる言葉ですね。
『不妊』は責めるべきことではないと思います。
世界保健機関が統計した『不妊』の原因は41パーセントが女性側、男性側と男女共に原因がある場合が24パーセント、残り11パーセントは原因不明となっています。
『不妊』の原因として上げられる女性側の主な原因は女性ホルモンバランスの異常や子宮内膜症、排卵異常などが上げられます。
女性ホルモンの異常がある女性に見られる症状としては、月経の異常や生理不順が主となります。
月経の間隔が極端に短い場合や逆に間隔が長い場合、またはほとんど月経が起こらない場合は『不妊』のリスクが高いと言われています。
これらの女性は排卵が起こっていない場合が多いです。
排卵が伴わない場合は妊娠は有り得ません。
月経の量が極端に少ないまたは量が極端に多い、月経の期間が長かったりするなども『不妊』のリスクは高いです。
子宮内膜症は卵子の老化が実際の年齢より早く進む場合があると言われているので妊娠の確率が大きく下がります。
女性にもいくつかの『不妊』の原因が見受けられますが、男性もそれは一緒です。
男性側の『不妊』の原因として上げられているのは
性機能障害の場合、精子の数の減少や運動率が悪い場合が主になっています。
性機能障害は性行為が上手くいかなかったり、性行為が上手くいっても射精が出来ない場合、精液量の減少が例に上げられます。
男性もデリケートです。
性行為が上手くいかない場合は原因は自分にあると考え、それが余計に性機能障害を引き起こすこともあるようです。
もう1つの男性側の『不妊』の原因として上げられているのは精子の数の減少や運動率が悪い場合です。
精子は精巣の中で作られます。
その作る過程の中で異常があると精子の数が減少したり、運動率が悪くなる場合があります。
精子の数が減少したり運動率が低い場合は受精する可能性が低下するため、妊娠の確率も一気に低下します。
この原因が重なった場合に『不妊』の要因になる可能性が高いです。
さらに精子の数が極端に少ない、または運動率が極端に低い場合は高い確率で精液性状低下が疑われます。
大人になってからおたふく風邪にかかり、『不妊』になったという声もよく聞かれます。
これは高度の精液性状低下が原因と言われています。
また男性側の『不妊』の原因に無精子症があります。
これは精液の中に精子が全く見られない状態を言います。
このように『不妊』の原因は女性だけでなく実は男性にもあるのです。

【12/1からキャンペーン開始!】郵送精子検査サービス【ベビーライフ研究所】

【3】『不妊』の検査をするにはどうしたらいい?どういうことをする?

自分が『不妊』かどうか調べるための検査をするためにはどうしたらよいかというのは『不妊』を疑っている人には大きな問題だと思います。
一般的には『不妊』を疑う場合には産婦人科の医師に相談をするのが一番だと思われます。
ですが『不妊』は恥ずかしいことだからと中々産婦人科へ足を運ぶことが出来ないという人も中にはいるでしょう。
でも『不妊』を放置すれば妊娠する可能性はどんどん遠ざかっていきます。
年齢を重ねることで妊娠の確率は低下していくので早目に産婦人科を受診することに越したことはないでしょう。
受診することで『不妊』の原因を特定し、妊娠するために自分が妊娠するためには何が必要なのかを知ることが出来るので受診し、検査を受けることは大切です。
男性も女性も共に初診は問診からスタートするのが一般的です。
女性側は初診の際には基礎体温表を持っていくと良いでしょう。
基礎体温は毎朝目が覚めたら一番に計る体温をつけるのがベストです。
基礎体温表は診断の重要な参考になります。
基礎体温をグラフにした基礎体温表を見れば排卵の有無やホルモンのバランスがある程度わかります。
2ヶ月から3ヶ月ぐらい毎日つければはっきりとわかるのでしっかりつけて持っていきましょう。
基礎体温を計るには婦人体温計を使い、口の中で計測するとはっきりわかります。
女性側の検査としては一般的な検査として、内診と超音波検査、子宮卵管造影検査、血液検査などがあります。
内診は触診を行い、子宮や卵巣に異常はないかを確認したり、超音波検査を通して子宮内の異常はないか確認を行います。
子宮卵管造影検査は造影剤を子宮口に挿入し、子宮の形の異常などを確認します。
この子宮の卵管造影検査は痛みを伴いますが、卵管の通りが良くなるので検査の後に妊娠することが出来たという声も聞かれるようです。
そう言った意味では重要な検査と言えるでしょうね。
血液検査は採血をし、女性ホルモンの検査や全身の疾患について確認することを指します。
女性の場合はこれらの検査を行い、『不妊』の原因を調べることが出来るのです。
一方男性側の検査としては精液検査と泌尿器科検査が上げれます。
精液検査は男性が『不妊』検査をする場合はほとんどの人が受ける検査です。
精液検査で精液の量や精子濃度、精子の形態、運動率、運動の質、感染の有無を調べます。
この検査には射精をしない期間を2日から7日設けた後にマスターベーションを行い、精液を採取します。
射精しない期間を設けることでしっかりとした結果が得られるとされています。
ほとんどの場合は精液検査は病院ですることが多いです。
泌尿器科検査は精液検査で異常や疾患が疑われた場合に行われる検査です。
泌尿器科にて医師の診察が行われ、状態の確認や触診などが行われます。
そして女性同様に血液検査もあり、男性ホルモンなどのホルモンの数値を調べます。
精子の量や数などに異常が見られた場合には染色体検査や遺伝子検査も行う場合もあるようです。
男性の病状によっては特殊な検査を要する場合もあります。
中には精子の機能を調べたり、勃起の状態を調べたりする検査もあるようです。
色々な検査を通して男性側も『不妊』の原因を調べることが出来るのです。

【4】精子・精液検査なら自宅で採精して郵送検査がおすすめ!

『不妊』の原因は女性側だけでなく、男性側にもあることがわかったと思います。
女性は検査に行くのは産婦人科なので安心して検査を受けることができると思いますが、男性の場合は検査を受ける場合は産婦人科や泌尿器科に行き、理由を話し検査を受けるのはとても恥ずかしいという人が多いです。
確かに産婦人科は女性が行くというイメージが非常に強いですから男性が検査をとなると受けづらいという印象が強いですね。
そんな男性に良いと言われているのが、郵送による精子・精液検査です。
精子・精液検査は通常の場合は産婦人科などの病院で行うため、抵抗を感じている人が多いです。
女性患者が多く受診している産婦人科に一緒にというのは辛いと思います。
女性に好奇の目で見られることから苦痛な思いをしている男性が多いです。
また男性だけしかいなくてもそこにいるだけで苦痛に感じるという男性は少なくはないでしょう。
おすすめされている郵送による精子・精液検査は産婦人科や病院を受診することなく、誰の目も気にせず郵送で検査ができるサービスです。
誰の目にも触れることがないので、プライバシーもしっかり守られます。
何より恥ずかしくないというので検査を受けている男性からは大変喜ばれています。
郵送による精子・精液検査はインターネットを通じて申し込みを行います。
申し込み後に郵送にて専用の検体採取キットが送付されるのでそれを使って精液を採取します。
採取後の検体採取キットを専用の封筒に入れポストに投函します。
専門の臨床検査技師が届いた精液を丁寧に検査し、その結果は後日知らせてもらえるというサービスです。
結果はパソコンやスマートフォン、携帯電話などで確認できる機関もあるので手間がかからないのが良いですね。
この精子・精液検査の郵送によるサービスを行っている機関は色々な機関があります。
中にはプライバシー保護の観点から匿名での申し込みが可能な機関もあるので安心して利用することができるでしょう。
郵送検査の良いところは時間と手間が省け、さらに精神的な苦痛が軽減できるところです。
簡単で気軽に検査を受けることができます。
この検査は郵送による検査なので、ポストのある場所ならば全国どこからでも『不妊』検査を受けることが出来ます。
そして検査結果がわかるのが最短2日から3日、通常だと5日です。
結果がわかるのが早いのもとても魅力的ですね。
検査料金は大体3000円前後からで検査内容により料金が異なってきます。
中には2400円という料金で利用できる機関もあるようです。
産婦人科や病院で精子・精液検査をした場合は通常だと保険適用で1回数千円から、高い場合は数万円かかるのが現状です。
気軽に検査を受けられる料金ではないので検査をうけるのは躊躇ってしまいますね。
その点、郵送での検査は1回辺りの検査料金が安いので誰でも気軽に利用することが出来るのではないでしょうか?
『不妊』の治療をこれからしていくことを考えれば、検査にかかる料金は仕方がないものだと諦める人も多いでしょう。
ですがどうせ検査を受けるのであれば安くで検査をしたいというのも検査を受ける人の本心ではないでしょうか。
自分が『不妊』かもしれない。
だから検査をしなくてはいけない。
でも恥ずかしい…。
それは誰でも当たり前のことだと思います。
ですがこの精子・精液の郵送による検査ならその恥ずかしさも少しは軽減されると思います。
初めは誰でも検査をするのは恥ずかしいことです。
でも郵送による検査を通して『不妊』の原因を突き止め、少しでも妊娠することができる可能性を高めていくことが出来れば良いと思います。
男性の方、ぜひ郵送による精子・精液検査を試してみてください。
一歩を踏み出しましょう。

【12/1からキャンペーン開始!】郵送精子検査サービス【ベビーライフ研究所】

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)