いびき改善にはアロマを使うのが効果的?

人間の三大欲求のうちの1つである睡眠は、健康や美容の為にも最も大切と言われています。そして、一言で睡眠と言っても、最近では睡眠の質が良いか悪いかで、健康状態、精神状態までもが変わると言われており、少しでも質の良い睡眠を取る事が、いかに重要であるかと考えられています。
そして、質の悪い睡眠の基準として、睡眠時にいびきをかいている人が、平均して眠りが浅く、健康状態もあまり良くないと言われています。いびきをかいて寝ていると、とても気持ち良さそうに見える事もありますが、実はそのいびきには重大な病が隠れている危険性も否めません。いびきには様々な種類がありますが、特に危険だと言われているいびきには特徴があります。
いびきの種類はざっくりと三種類に分類されます。まず、代表的なもので「単純いびき症」と言って、騒音レベルまでいかない普通のいびきがあります。このいびきの特徴として、普段はいびきをかかない方が、疲れた時や飲酒をした時、風邪で鼻が詰まっている時等にだけ、いびきをかいてしまうと言う事が挙げられます。こう言った場合には、原因が突き止められるものばかりですから、その原因に合わせた対策を行えば、いびきが改善される事が殆どです。
そこで是非オススメしたいのが、アロマを使ったいびき改善です。アロマとはアロマテラピーで使用する、エッセンシャルオイルを使った方法ですが、こちらは花粉症や風邪、アレルギー性鼻炎、ストレスで鼻がつまり易くなったり、鼻腔が狭くなってしまう方に効果的な、いびき改善策です。アロマには癒し効果もありますが、鼻の通りを良くする効果が抜群で、特にユーカリ、ラベンダー、ペパーミント、ティートゥリー等を、睡眠時にディフューザーを使って吸引する事で、スーっと鼻が通り、いびきが改善されていく効果をもたらします。
勿論、いびきをかかない様にする為の、基本的な生活習慣を心掛け、ストレスを溜めない様にする事も重要ですから、生活習慣を心掛けながらアロマを利用していびきが改善されていけば、そこまでいびきに対する心配はいらないかと思います。しかし、怖いのが「睡眠時無呼吸症候群」と呼ばれるいびきです。このいびきは、睡眠中に何らかの複合的な原因により、気道が塞がり、突然呼吸が何秒間も止まってしまう恐ろしい病です。
呼吸が止まれば、当たり前ですが酸素が脳に回らなくなり命の危険さえ脅かされてしまうので、直ぐにでも治療を行わなければなりません。睡眠時無呼吸症候群の原因とは、肥満、喉に何か異常がある(扁桃肥大等 )加齢による筋肉の衰えと言われており、専門家による早期の治療や首や舌の筋トレをオススメします。
最後に「上気道抵抗症候群」と言う病が原因となって気道が狭くなり、いびきをかいてしまう場合も大変危険です。この病は何故か女性を中心に多く、睡眠時にのどちんこが上気道を塞ぐ事でいびきが起こります。こちらも、専門家の治療が必要になってきます。ご自身のいびきがどの様な症状であるかを見極めて、正しい改善方法を実践する事で、質の良い睡眠を目指して行きましょう。