比較ではなく、区別しましょう。自分ににも相手にも別々の素敵な部分がある。それは比較しようもない別々のもの。人の価値は無意識の奥で眠っているのです。

ネガティブ思考の人は、他人と自分を比較して悩んでしまうことが多いです。他の人と比較して自分は不幸な人生を送っているとそう思ってはいませんか。いつまでもネガティブに飲まれたままでは一向に良くなりません。
比較と言う部分を良く考えてみて下さい。比較とは二つ以上のものを互いに比べ合わせることです。つまり比較するには比較する元を知り尽くしていなければ正しい比較など出来るわけがないのです。
つまり、人の中身は知り尽くすことなど無理に等しいのですから、人と人とが比べられるときは「比較する元を知ったつもりになった上での勘違いした比較」になっているのです。
比較ではなく、区別しましょう。自分には自分の素敵な部分がある。相手には相手の素敵な部分がある。それは比較しようもない別々のもの。違うものだから人はみんな価値がある。その価値は無意識の奥で眠っているのです。
比較していると劣等感が肥大化し劣等コンプレックスになり、それが優越コンプレックスになり、苦しみの世界へと入っていくのです。人は違って当たり前です。違いを尊重していけば比較は不要だとわかるのです。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)