根拠のない否定が不必要な理由

根拠のない否定をする人。
今まで観察してきた事で根拠のない否定をする人のパターンなどを見てきました。それは「変化を恐れ他者の足を引っ張る否定したがり人間」だということ。
イメージだと地獄の亡者が落ちる穴から這い上がってきて足にしがみつくイメージです。
根拠のない否定をする人は、この記事を読めば嫌な気がするはずですが、それでも何故この記事を書いたのかというと、根拠のない否定をする人が嫌な気がするように、根拠のない否定をされたほうも傷ついたりすることもあるからです。
私の目的の「プラスを増やしマイナスを少し減らしバランスをとる」ことの邪魔になる為、こうして書いております。
まず以下の違いをしっかりご理解下さい。
根拠とは… 物事が存在するための理由。存在の理由など。

■根拠ない否定は相手を破壊させるもの

根拠のない否定をする者は変化を恐れています。
 
変化する人を嫌がり荒探しをしてでも否定したがるのです。そもそも否定は通常しっかり根拠を相手に提示するものです。
根拠も出さないで否定するのは「お前の母ちゃんでべそ』とか『生きてる価値なし死ね!クズ」同じ無価値な悪口レベルなのです。
そして根拠のない否定を行うものは今後はどんどん排除されて相手にされなくなり旧人類と扱われていきます。
根拠のない否定をする人は、変化を恐れていて成長している人を見つけると無意識で否定したくなるのです。
その無意識からの働きが焦っているので、焦った証が根拠なし否定なのです。焦っていないのなら数秒から数分なのですから根拠くらい伝えればよいのです。
根拠のない否定は焦った小心者が悪口や仄めかしで相手の心へダメージを与える目的で行っている事です。

■根拠ある否定は相手を成長させるもの

根拠をしっかり提示して「あなたの意見はこうこうこうだから、間違っているんですよ。正しくはこうです。これが根拠です。」としっかり根拠を出すと相手は「おーなるほど。教えていただきありがとうございます。気付けました。」と成長できるので、根拠ある否定は気付きのきっかけなので素晴らしいのです。
根拠ある否定はお互いに気持ち良い議論ができて、トラブルも起きにくい大人のやりとりです。そこに根拠のない否定を「それは間違ってんだよクソ!死ねコラ!キモい」と言ってもどうにもならないのです。
根拠のある否定をプラスに使用していきましょう。プラスにしていくためにも出来るだけこういったルールを守って、自分を向上させていきましょう。