「疲れたから嫌」ではなく「疲れたから健康になれてぐっすり寝れる」とプラスな視点を探してみましょう。

マイナス思考に飲まれたままになっているということは自分のことを苦しめていることになります。悩んでいる時に胸がキューっと締め付けられるような感覚になっているはずです。プラス思考の時には胸が締め付けられるなんてことは絶対にありません。
プラス思考になる為には、自分を苦しめるようなことをせず自分のことを大切にしてあげることがお勧めです。ある方の職場の同僚にはかなりプラス思考を持ったおじさんがいます。ある日彼は一日でかなり歩いたらしく疲れてしまったそうです。そこで「疲れた」ということは口にしてもいいのです。無理して疲れたということを吐き出すのを我慢してしまうと自分を苦しめる結果となってしまいます。
このプラス思考の同僚はどんな言葉を言ったのかと言うと「疲れたけど俺の足はよく頑張ってくれた。血行も良くなりすごく健康になった。お疲れ様」と自分の体を労わるような言葉を掛けてあげたのです。自分を大切にしているからこそ出た言葉です。
最初から「疲れた」とネガティブな言葉を使うことをやめるなんてことは無理にしなくてもいいのです。「疲れたから嫌」ではなく「疲れたから健康になれてぐっすり寝れる」とプラスな視点を探してみましょう。
自分のことを労わってあげて、頑張って働いてくれた体に感謝することから始めてみてもいいのです。自分の体も心も大切にするようにしてプラスな視点を見つけるようにしていくと楽しいですよ!

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)