オルニチンで質の高い睡眠と、気持ち良い朝の目覚めを

しじみの味噌汁が二日酔いの不快感を楽にしてくれる事は古くから言われてきました。
これはしじみに含まれるオルニチンが、アルコールの分解を促進する為です。
オルニチンは遊離アミノ酸の一種であり、アミノ酸の効き目は即効性が高い為に朝食で飲む一杯のしじみの味噌汁でも、前夜の飲み過ぎ等のアルコールによる症状を楽にしてくれる訳です。
今では様々な実験から実証されている事ですが、昔の人は体験的に知っていたのですね。
二日酔いや飲み過ぎなどは症状の原因がはっきりしていて効果も解りやすい一例ですが、何もアルコールに対してだけではありません。
オルニチンは飲酒の有無に関わりなく、他の面でも好影響をもたらします。
オルニチンは、肝心要の肝臓を元気にするアミノ酸なのですから。
飲酒、暴飲暴食、過労、睡眠不足等々…肝臓に負担を掛け続けると当然肝臓の働きは弱まります。
「物言わぬ臓器」肝臓には痛みを感じる神経が有りませんので、自覚症状が無いままに肝機能は低下していってしまいます。
その行き着く先は、肝硬変等の深刻な肝疾患ですね。
そこまで行っていなくても、良く眠れずに疲れが取れず体力が低下する等全身的な体調不良を感じるようになるでしょう。
朝の寝起きがスッキリせずに頭が重い、ぼーっとしてしまう、等は脳のエネルギー不足に起因すると考えられ、それも肝臓と関係します。
肝蔵は脳のエネルギー源となる「糖」「ケトン体」を作っていますが、肝臓が弱ればそれらを作る能力も衰えますので、脳のエネルギー不足に繋がるのです。
又、肝臓は疲労物質のアンモニアを解毒し無害な尿素へ変える働きをします。
これをオルニチンサイクルと(尿素回路)呼びますが、肝機能の低下でその回路は弱まり血液中にアンモニアが蓄積されて疲労の元となります。又それが汗に含まれると強い体臭を発生させる事も。
更にアンモニアは、身体のエネルギー源となるクエン酸サイクルを阻害してしまうので、疲れの元になるばかりかエネルギーの生産をも妨害して二重に害を及ぼす事になるのです。
ですから、肝臓の働きを活性化させて、オルニチンサイクルをスムーズに回しアンモニアを解毒する事が、疲れを貯めずに健康を維持する上で重要と言えるでしょう。
そして疲労回復には質の良い睡眠を取る事です。
眠っている間にも身体は休む事なく代謝を行っていて、疲労物質のアンモニアを分解するオルニチンは睡眠の質を高め成長ホルモンの分泌を促進させるのです。
翌朝に疲れを残さずぐっすりと眠る。
健康の基本ですよね。
そして朝のスッキリとした目覚め。
それらにオルニチンは大きな役割を果たします。
飲み過ぎた時のシジミ汁だけでは勿体無い。
健康な身体を維持する為には、継続的にオルニチンを取ると良いでしょう。
しかし普段の食事から充分な量を取る事が難しいのもオルニチンです。
毎日毎日大量のしじみを食べる訳にもいきませんしね。
オルニチンは各種サプリメントが発売されておりますので、それらを利用して効率良く摂取する事をオススメしたいです。