ミトコアでダウン症のリスクを回避する!

ミトコアでダウン症のリスクを回避する!

最近は赤ちゃんがお腹にいる段階で出生前診断と言って、胎児に先天性の異常(奇形、染色体異常、病気)が無いかを診断できる様になりました。この出生前診断により、胎児に何かしらの異常が確認できた場合には、産むか産まないかの選択が出来るようになったと言われています。しかし、お腹の中にいるのは命である事は変わりありませんから、母親にとっても苦渋の決断を強いられる事になってきます。

倫理的な問題や、出生前診断によってかかる高額な費用についての問題もあり、誰もがすんなりとこの診断を受けられるとは限りませんし、できる事なら何の問題も無く元気な赤ちゃんがお腹で育ってくれる事を望むばかりかと思います。しかし、胎児のうちに発症してしまう先天性の異常として多いと言われるのが、染色体異常が原因と言われるダウン症になりますので、なるべく染色体異常と言ったリスクを回避できる様に、何か自分でできる事を見つけておくべきかと思います。

ダウン症を更に詳しく掘り下げると、体細胞のたった一つ染色体が一本多く存在する為に発症してしまう障害になります。ダウン症のお子さんは目がつり上がっている、顔が全体に平坦である、耳の位置が高く付いている等、身体的な特徴がありますので、外見でダウン症ではないか?と判断がつきやすく、また、合併症により心臓等の内臓に疾患を抱えてしまったり、知能や学習能力の遅れが出ると言ったダウン症特有の症状や特徴があると言われています。

このダウン症の原因として考えれるのが、卵子や精子が問題の細胞分裂のダウン症の子供が生まれる確率が年齢と共に増加傾向にあるからです。人間の体も歳と共に疲れやすくなったりするのと同じく、高齢出産の年齢に達している男性と女性の精子や卵子の状態も働きが悪く衰えていると、着床の段階から細胞分裂が上手く行かなかったり、染色体異常を起こしてしまう確率も高くなってしまう為、ダウン症のお子さんが生まれるリスクも同時に高くなってしまうのです。

ダウン症を回避するには、細胞分裂の段階で活発で質の良い精子と卵子が揃っている事が条件になるでしょう。そこで細胞(ミトコンドリア)のアンチエイジング効果を期待できると評判の【ミトコア300mg】を、是非妊活に取り入れて見ましょう。ミトコア300mgはホルモン剤や医薬品とは違い、自然由来成分のサプリメントなので、副作用が一切ありません。ですから現在妊娠中の方でも気軽に取り入れる事ができるのです。また、ミトコア300mgに含まれるアグリゴン型イソフラボンはホルモンの分泌を促して、卵子の状態を妊娠にベストな状態へと保ってくれます。

ミトコア300mgは、男性と女性が兼用で飲む事も可能ですので、高齢出産に達した年齢のご夫婦の妊活に大変オススメです。また現在お子さんの予定は無いけど、いずれか子作りをしたいと言う方はミトコア300mgを日常生活に取り入れて、いずれ来る妊娠のチャンスに備えてミトコンドリアの活性化を図りましょう。

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)