オルニチンは多少摂り過ぎても大して問題は無いのですが…

オルニチンは、疲労回復や二日酔いの防止、回復等の他にも様々な面で健康に良いとして注目されていますが、成長ホルモンの分泌を促進させてアンチエイジング効果も期待されています。
健康、体調維持や美容にも良いオルニチン。積極的に摂りたい栄養素ですね。
オルニチンの効果的な摂取量の目安としては、1日辺り400mgから1000mgが良いとされます。
取り過ぎに関しては、あまり心配は無いでしょう。
オルニチンは体内でも生産されていますが、血液中を巡り常に消費されいて、蓄積される事も有りません。
ですから毎日摂取する事が望ましいのです。
それでも摂取量が度を越したならば、下痢や腹痛、胃痛等の胃腸障害が起こったと言う報告も有るようです。
度を越した量とは…10g以上ですね。
つまり効果的な摂取量の10倍を越えた辺りで、取り過ぎにより体調不良をきたす恐れが出てくるのです。
しかし10倍も…常識的に考えたら、有り得ない超え方ですよね。そこまでオーバーする方が難しい気がします。
それにその時の症状は他のアミノ酸の過剰摂取でも起こり得る事であり、必ずしもオルニチン特有のものではありません。
又、7g程度の摂取では何も問題が無かったと言う事ですから、オルニチンの安全性は高いと言えそう。
ガンガン摂取しちゃって大丈夫です。
しかし、普段の食事でオルニチンを400mg~1gも摂れている事は、ほぼ無いと考えられます。
オルニチンの含有量が多い食品と言えば「しじみ」でしょう。
実は他にも多くの食品にオルニチンは含まれているのですが、その量は極めて僅か。
しじみがダントツにオルニチンを多く含んだ食品なのです。
しじみ100g中にオルニチンは約15mg程。
しじみ以外でオルニチンの含有量が比較的多いキハダマグロ、チーズでは、100g中に8mg程度、ヒラメは4mg程と、しじみの約半量からそれ以下しか有りません。
又、しじみは冷凍するとオルニチンが8倍にも増えるので、含有量の差は更に拡大します。
オルニチンを摂るのには、しじみは欠かせませんね。
それでも、オルニチンの効果を最大限得る為の400mg~1000mgをしじみ汁等、普段の食事だけで摂取するのは困難かと思います。
オルニチン400mgをしじみだけで摂るとするならば、2・5kg以上も必要になりますから…ですのでサプリメントなどの健康食品を活用して補助するのが大変に有効になります。
しかし、ここで注意しなければならないのは…
サプリメントは指定の服用量を守る事。
サプリメントにはオルニチン以外の成分が配合されている場合が多く、それらの成分を摂り過ぎてしまうかも知れませんから。
つまり、オルニチン自体は多少取り過ぎても問題ないにしても…他の成分の過剰摂取により副作用等の弊害が出る恐れがある…と言う訳です。
二日酔いの朝、しじみの味噌汁の代わりにオルニチンのサプリメントは大変にいい感じです。
しかし速く効かせたいが為に服用量を超えて多く飲んだとしても効果がアップする訳でもなく、却って体調が悪くなりかねないのです。
過ぎたるは及ばざるが如し、ですね。