シロアリ駆除

シロアリは家に被害を及ばす虫で、熱帯地方を中心に日本でもシロアリ被害に困っている人が多くいます。
その場合は、シロアリ駆除をして貰うのですが、シロアリ駆除と言えば強い薬を撒いたりします。
薬を撒いた後は、肌が弱い人などはカブレなどがおきたり、自宅に1日以上帰宅出来ないなど大変な印象があります。
しかし最近では、身体や地球などにやさしい駆除方法をとっていて、未だに研究も進んでいます。
まずシート工法。
シートに薬剤を混練して作られた防蟻シートを床下に敷設する工法です。 主に建物新築時などの予防工法に用いられているそうです。
物理的工法では、ターミメッシュ工法と言うのが注目されています。
日本より環境に厳しい海外などでは、薬剤を一切使用しないシロアリ防除工法が大きなシェアを占めています。
ターミメッシュ工法は、物理的工法の中でも代表的方法とされていて、ステンレスメッシュによって長期間シロアリの進入を防ぐことが可能と言われています。そして、生物学的工法はまだ日本では研究段階だそうです。
シロアリの天敵の生物達を使用した方法だとのことで、昆虫寄生菌などの微生物を使った工法です。
自然界に存在する土壌糸状菌を使用しています。 海外では商品化の動きもあるそうですが、日本で名前を聞くようになるのはまだもう少し先かもしれません。
薬剤工法は新築時時の予防と駆除のどちらでも使われる方法で、最も一般に普及している工法です。 主に使用されている薬剤は合成ピレスロイド系薬剤で、この薬剤は環境に影響を与えるのが少なく、低濃度で殺蟻性があり、それに忌避効果も加わり予防性能を発揮します。
使用方法は、シロアリが木材に食害を与えるために通路となる場所に万遍なく薬剤を行き渡らせるようにします。
また、ベイト工法は、薬剤を床下に撒かないシロアリ防除システムです。この薬剤を家の周辺にセットして、シロアリの活動を調べる事で、シロアリを確実に駆除し、新たな被害を未然に防いでくれるそうです。
このシステムは、シロアリの習性を利用して’巣’を根絶したり、薬剤を散布しない為、人やペット、周辺環境などに高い安全性があります。
また、シロアリ防除の専門家によって、年間管理で定期点検を行ってくれ、大切な家屋を守り続けるのも安心です。
散布しないのでアレルギー体質の方や、臭いに敏感な方・ペットを飼っている人・家の周辺のシロアリも根絶したい人にもお勧めできます。
このように色々な方法がありますが、その前に私達が気を付ける事として定期的に検査をして貰う事も必要です。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)