オルニチン摂取量について

二日酔い防止に効果的なオルニチンですが。
よく、シジミに含まれていると聞いたことがあります。
最近ではインスタントのシジミのみそ汁も出ているんです。
中にはシジミがぎゅっと詰まったのも販売しているんですね。
他にもオルニチンの含まれている食品があるんです。
とはいうものの、オルニチン摂取量って理解している人、どれだけいるんでしょう。
オルニチンは重要な栄養素です。
弱った肝臓の機能促進のためにもオルニチンが必要です。
その時、どれだけ摂取すればいいんでしょう。
頭に入れておくといいんですよ。
大体、オルニチンは体内に蓄積できないという欠点があるんです。
いや、別に欠点でもないかもしれませんが。
余った分は体外に出てしまうんですね。
だから、取りすぎても問題はないんですが。
なんだか、勿体ないと思いませんか。
要は必要な分だけ、摂取すればいいんですよ。
肝臓を健康にするために必要な摂取量、一日あたり、500から1000mgなんだそうです。
でも、オルニチンの量を言ってもぴんとこないんですが。
なんといっても、食品として取るのには限度というものがあるんですよ。
第一、どれだけ、シジミを取ればいいんでしょう。
シジミの場合、さらに冷凍するとオルニチンが八倍になるんですが。
ちなみにオルニチンは熱を加えても性質が変化しません。
なので、冷凍したシジミを鍋に加えてお味噌汁を作るといいんですよね。
でも、あくまでも食品だと足りないんですよ。
なのでここはサプリがいいんです。
しかも、肝臓を元気させるには1000から1500mg。
で、ダイエットの場合はその倍、必要なんです。
というか、痩せて太りにくい体質になるためにもオルニチンが必要なわけなんです。
痩せて太りにくい体質は女性のあこがれですよね。
ということはオルニチンが必要なのは何も酒呑みだけではないんです。
しかし、先に述べた通りにオルニチンは一気に一日分を摂取しても無駄なんです。
使わなかった分はそのまま、体外に放出されてしまいます。
なので、サプリを利用する場合は朝、昼、晩と分けて飲むのが一番なんです。
なんといっても摂取量を念頭に計画的に摂るということなんですね。
それになるたけ、余計な摂取は避けたいんです。
何故なら、オルニチンにはとりたて、副作用はないんですが。
しいて言うとお通じがゆるくなるんだそうです。
といっても、私、オルニチンのサプリを利用したことがないんです。
なので、あくまで人から聞いた話なんですけどね。