オル二チンでデトックス(毒素排出)あなたの体がキレイに!オルニチンたっぷり!【しじみにんにく極】

しじみ

地獄の二日酔い、悪酔いの予防!
人を輝かせる臓器とされる肝臓や腎臓に良い!
しじみにはオル二チンがいっぱい!
オル二チンでデトックス(毒素排出)、あなたの体がキレイに!

 
体に毒素が増え続けていくと最終的には死にます。

そんな恐ろしい毒素のことを知らないでいることは怖い事です。大事な自分の体から毒素を排出し健康で生きていく手助けをしてくれるオル二チン。オル二チンを多く含む有難い『しじみ』で健康な習慣をつけませんか?

二日酔いに良い

ジワジワと続く頭が割れるように痛くて重い状態。そう、あのとっても辛い二日酔い「二度と酒は飲まない!」と思う時もありますよね。そんな二日酔いにとってもおすすめなのが「しじみ」
しじみが二日酔いに効果的なのは昔から言われていますよね。二日酔いに効くということは、肝臓を守ってくれるということです。飲酒したあとの肝臓は弱っていますから、その際におみそ汁にしたりしてしじみを摂取することでオルニチンが働き肝臓を元気にしてくれます。私はお酒は飲みませんが、虚弱体質を改善させるためにしじみを食べています。お味噌汁も体に良いので一石二鳥ですね!

お味噌汁や、おすましにもってこいの「しじみ」。ハマグリの方が好き!という人も多いと思いますが、私は断然しじみ派です。ハマグリもゴロゴロとして、食感もしっかり感じられて美味しいですけどね。
多分、こんなにもしじみが好きなのは母が影響していると思います。母の作るしじみ汁は絶品で、これさえあればご飯何杯でもいける!と思えるほど美味なんです。しじみ汁でご飯何杯も??って疑問に思われるかも知れませんが、本当なんです。きっと、しじみ汁のお店を持てますね(笑)
そんなわが家に大絶賛されているしじみですが、こんなに小さいのに栄養素がすごいんです。たまにしじみ汁を食べていたら、しじみの具材に一切手をつけない人がいますよね。あれは駄目です。アウト!私、本気で怒りました(笑)

オルニチンたっぷり
↓ ↓ ↓ ↓
【しじみにんにく極】

オル二チン

しじみの中には「オルニチン」という成分が含まれています。聞き慣れない名前だと思いますが、このオルニチンはアミノ酸の仲間なんですね。時と場合によって、タンパク質を合成したり、必要のない時は合成をストップしてくれるんです。かなりの優れものでしょう?
アルコールを分解する働きにも長けているので、二日酔いをしにくいんです。ですからベロベロに酔っ払う前にしじみをしっかり食べて摂取してから酔っ払いましょう(笑)
オル二チンが不足すると、肝臓の解毒作用が弱まり体の疲れがとれにくく常に体がだるいなど体のどこかがおかしいな?不調だな?と感じるようになります。他にも新陳代謝や免疫力や基礎代謝の低下、肌の老化や肩こりなども起こりやすくなります。
しじみは肝臓や腎臓に良い理由はオルニチンが多く含まれるからです。肝臓で尿素回路を形成して体内のアンモニア(有毒)を尿素(無毒)にするのがオル二チンです。こういった理由からろ過を行う腎臓への負担を減らすこともできるので腎臓や肝臓にも良いとされます。しじみの有難さを大事にして腎臓や肝臓を労わっていきたいですね。

オルニチンたっぷり
↓ ↓ ↓ ↓
【しじみにんにく極】

しじみにはオル二チンが多い

しじみは冷凍庫で凍らせると、しじみに含まれるオルニチン量が増えると言われ実験では‐4℃が冷凍のベスト温度で、含有オルニチン量は8倍にもUPしたそうで、韓国や台湾やでは昔から食べる前に凍らせていたそうですよ。冷凍したシジミの方が身体に良いと言う事を体感していたのだと思います。飲酒後のしじみ汁も、「肝臓に良い食材」としての認知度が高いのはこのオルニチンの力です。肝機能改善に有効な成分を含むものは、しじみ以外にもありますが、しじみだけはオル二チンずば抜けて多く含まれているのです。二枚貝の中ではしじみが断トツにオルニチンが多く含まれていて、他の二枚貝にはほとんどオル二チンは含まれていないそうです。

オルニチンたっぷり
↓ ↓ ↓ ↓
【しじみにんにく極】

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)