世界的な占いの歴史と占術について

【占い師の歴史とは】

占いを行う人の事を占い師と呼んだり鑑定師と呼びます。そして世界の歴史を辿ってみると古代ローマの2代目皇帝であったティベリウスは占星術師を重んじていたとされ、中世のヨーロッパの貴族達の中では良く占いを行なっていた様です。また有名な話では近代ではあのアメリカ第40代大統領であるロナルド・レーガン氏の奥さまであるナンシー・レーガンさんは占星術に没頭していたそうです。また日本においては邪馬台国女王であった卑弥呼が占いを行なっていたと魏志倭人伝などの書物に記載されています。また6世紀後半には中国から文化が入って来ると亀卜や易占、式占に代表される色々な占術が渡来し、これらを扱う神祇官や陰陽師が活躍し始めたのです。

【日本における占いの歴史】

日本においては占いは江戸時代に庶民の間に広まっていきました。元々は門外不出の占術として古くから限られた方々にしか公開されていなかった占いの技術となるのですが、少しずつ広まって行き、その姿は書物にも多く描写されています。具体的には人相見や手相見、八卦見に代表される昨今の占いに受け継がれているルーツを垣間見る事が出来るのです。そして昨今においては相談人からの色々な相談事に対して先ずは現状を正確に把握して問題を整理してから占い、相談人に合った言葉を選んで結果を伝える事が短時間で求められています。

【現代の占いはカウンセリングを含んでいます。】

元々の概念はカウンセリングと占いは異なる物だと言う概念がありましたが、最近では本来の意味から波及をして相談人のカウンセリングを取り入れている占い師もいます。ですので占い本来の勉強の中には心理学は含まれていないのですが、でも相談人と始めて会った時でも表情や声のトーンを聞いただけで大体の人格が分かる様な経験を積んだ占い師も在籍しています。具体的にどの様な展開をして行くのかと言いますと『自分はダメな人間だけど何か才能があるのか?』
と言う占いの要望があった場合に、実際に占うと何かの才能が見つかり、それを相談人に伝える事で本人の人生観が変わって行ったなどと言う事例もあります。この様に現代の占いは半ば人生相談と言っても良いのです。

【職業となる占い師】

上にお話をさせていただいた通りに日本においては江戸時代に占いが庶民へと広まって行きました。そして当時は沢山の門人を抱える大家(たいか)と呼ばれる占い師が活躍していた側面で、多くの市井(しせい)の占い師の方達は浪人などがくいぶちを確保する為に、中国から渡来した専門書を活用して占っていたのではないか?と一部では推測されています。また現代社会においても自称占い師だと言う方はいますが、しかし占い業界と実力主義がとてもシビアな世界ですので、職業として占い師を選ぶ場合には実は占いそのもの以外にも人間性を見極めるなどの能力も必要となりますし、また1年中相談人の悩みを聞き続けないといけない場合もるので、本当に人を幸せにしたいと言う強い思いが何よりも大切になるのです。

【占いの方法について】

日本で有名な占いの方法の他にも、ちゃんと体系立った綿密な占い方法からかなり原始的な方法まで世の中には多くの占いが存在します。でも実は大きなカテゴリー分けと致しましては命(めい)、ト(ボク)、相(ソウ)の3つから成り立っています。それぞれについて簡単にご説明をさせていただきますと先ず命占(めいせん)は生年月日の他に、占いの方法によっては出生した時間や場所を基本として占っていきます。そしてト占は
偶然性が導き出す答えの中にある心理や哲理を引き出す方法となりますので動画を用います。また観相(かんそう)については人間の目で見る物や容姿、外観などから人の性質や運命を判断していく方法となります。ですので全て占い師任せでも良いのですが、相談人側としてもある程度の知識を持っておくと良いでしょう。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)