占いを行う動機と独立のタイミングや方法について

【相談人への貢献の気持ち】

占いを行う動機には色々ありますが、しかし何よりも相談人への貢献の気持ちが大切になります。実際に一番多い理由でもありますが、何とかして困っている人を助けたい、また誰かの役に立ちたいと言う気持ちが占い師の気持ちを動かしている部分も大きく、色々な社会貢献の中の一つだと言っても良いでしょう。ご存知の通り占いには人生そのものについて占いたい人、また女性の方であれば恋愛について占いたい人、その他に人間関係など色々なタイプの相談人がいますが、この様にいくらタイプが違っても根底にあるのは人の助けになりたいと言う奉仕の気持ちが大切になるのです。

【占いが好きな事】

ベースとして他者に対する貢献の気持ちもあるのですが、でもそれよりもとにかく占いが好きだと言う人が占い師になるケースも多いです。例えば以前から水晶やタロットカードが好きで、占い師になればこれをいつでも実践する事が出来ますので自分の趣味を活かしたお仕事に着く事が出来るという事でとても良いモチベーションになります。また趣味と実益を兼ねる訳ですので何時も占いの質を向上させようと努力を惜しまない事もメリットと言えます。また占いが好きだと言う探究心や好奇心が占い師のモチベーションを向上させて良い結果を生み出してくれる事にも繋がってゆくのです。

【独立のチャンス】

さて、占いを始めて色々な経験を積んで来ると独立願望が芽生えてくる事があります。それは単にビジネスとして割り切った時に自分は会社に大きく貢献をしていると自負があるので、もしも独立をしてもやっていけるのではないか?と思ったり、特にお給料の面で言いますと独立した方がもっと稼げるのではないか?と言う思いもあるかと思います。ですのでこの様なタイミングでも良いですし、また会社に属していながらもかなりの数の固定客がついたと感じた場合には独立を考えても良いタイミングだと言えます。また中には何処の会社や個人の占い師でも行なっていない占術を行なっている場合には更に十分に独立しても良い機会があると言っても良いでしょう。

【独立の方法】

また独立をしようと思っていてもどの様な方法で独立しようかと言う事を考えないといけません。特に占い師の場合には一般商材とは異なりまして、目に見えない占術だったり気持ちなどを扱い、人と接する事が仕事となりますので、事務所を構えて対人式にするのか、又は電話方式にするのか、又は対面でも電話でもないメール式にするのかなど、色々な選択肢があります。特に事務所を構える場合には100万円~200万円程度の資金が必要となりますので、ある程度の貯金がないといけませんし、又立地条件にもだいぶ左右されますのでそれこそ占い師に占ってもらった方が良いかも知れません。また比較的資金が少ない電話式やメール式から始める方がリスクは低いと言えるでしょう。

【集客の方法】

占い師として独立をする場合には、どの様なスタイルにせよ日用品とは違っていくら固定客がいるからと言っても毎日くる人はいませんので、必ず集客を行わなければいけません。またその方法は独立してから考えるのではなくて、独立する前に始めておかなければなりません。例えば固定客先の方に占いをしたいと言う人がいれば紹介をしてもらう様にしたり、また若干の初期投資が必要になりますが昨今のスマートフォンの普及に比例をしてインターネット広告に出して見るのも良いかも知れません。またブログを行なっている人は人の悩みや解決方法における記事を作成しながら自分が独立をして占い師をやっている事を伝えて見るのも良いでしょう。また占い師になったルーツが何処かの先生の弟子になっていたりまた占い師になる為の学校に通っていたのでしたら関係者に集客のコツを聞いてみるのも良いでじょう。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)