占い師に求められる必要な技量とは?

【占い師に求められる必要な技量とは?】

占い師を目指そうとする場合には一体どの様な技量が必要になるのでしょうか?
確かに色々な占いの知識や方法、それぞれのメリットやデメリットについて把握しておく事は大切なのですが、しかしそれは正確には技術になりまして技量ではありませんので注意をしておく必要があります。またそれはどの様な占い師を目指しているかによっても変わって来るのですが、例えばもしも皆さまが恋愛関係を専門に占いをしたいと考えているのであれば、単に占いの技術だけではなくて老若男女の恋愛関係についてや、世代ごとの恋愛に関する価値観について調べたり把握しておく事が大切になります。
また政治関係の占い師を目指しているのでしたらいつもニュースや政治経済ネタにも目を配っておく必要があります。そして人間関係だったら世の中の皆さんがどの様な人付き合いの事で困っているのかを調べておく事で、相談人の話を聞く時により深く共有する事ができますのでこう言う事が技量向上につながって行くのです。

【人の悩みを受け入れる気持ち】

占い師とは何かを問う時に勿論自分が得意とする占いの手法で相談人に対してアドバイスを行う事が必要となりますが、しかしその回答が相談人が求めている事と違っていたら、きっと皆さまリピート率は減っていってしまうでしょう。ですのでつい自分が保有していたり習得したての占い技術があった場合にはつい直ぐに使いたくなってしまいますが、しかしそうではなくて占い師と言うのは先ずは相手の悩みを受け入れる所から始めないといけませんので、それが占い師にとって軽いと思える悩みでも相談人からすると思い悩みの場合がありますので真剣に聞かないと行けませんし、またテンパっている相談人だと内容が支離滅裂でハッキリしない内容の場合がありますので相手の悩みに寄り添う事は簡単な事では無いのです。

【洞察力や観察力】

もしも皆さまが過去に何度か占い師に見てもらった経緯があるのであれば、占い師の中にはまだこちらから情報提供していない事を言い当てる場合があります。これはどうして当てる事が出来るのかと言いますと、確かに占いの方法によっていくつかの情報を探る事が出来るのですが、ただ多くの場合には人間としての人格が優れているかどうかが大切になりまして、観察力や洞察力が優れてい場合が多いのです。ですので占いの技術を磨くと共にこれらの技量を磨く事も大切になりまして、これらを無意識に使える様になると相手からすると第六感が使える占い師と言う事で重宝されます。またこれは占いを行う時だけではなくて、悩みを聞いている段階においても相手の相談内容の本質を見抜く事も出来るようになりますので相談者からするとピンポイントで占う事ができるとても良い占い師だと認められる様になるのです。

【コミニュケーション能力】

次にコミニュケーション能力についてお話をさせていただきますが、幾ら占いの技術が高い占術師だとしても、人とのコミニュケーションの取り方が上手くできないとしたら、それは余り良い結果を出す事が出来ないのかも知れませんし、また相談者からしても余り良い印象を持ってもらえないかも知れません。それと言うのは相談人と良いコミニュケーションを取る事が出来なかったらそもそも相談人が聞きたい事を引き出す事が出来ません。またもしも占い師が相談者に対して無愛想な態度を取ってしまうと、相談者としても悩みを打ち明けられなくなってしまいます。また話す事自体が上手くないのであれば占いで良い結果が出たとしてもそれを上手に伝える事が出来なくなってしまいますので折角占いの技術が上手いとしても、とっても勿体無い事をしている事になるのです。

【自然な説得力】

最後にお話をさせて頂くのは自然な説得力についてです。例えば恋愛の事について真剣に占いをして来た相談者に対して真摯に占った結果が余り良くなかったとします。でも正直に『貴方はには異性と巡り合う予定はありません』と伝えてしまうと相手はとってもガッカリしてしまいます。ですので心理学的または身振り手振りでの物理的、又は印象的な事でも良いですので『もし、今と同じ生活スタイルだと今後もちょっと明るい兆しが見えないのですが、◯◯を取り入れてみると運命が少し変わるかも知れません』など確かな結果は必ず伝えないと行けないのですが、でもそれをフォローする様な一言を伝えたり自然と相手が結果を自覚しながらも余りショックに受け止めずに、それよりもプラス思考に考えられる様な説得力を身に付けると占い師としても人間としても成長する事ができるでしょう。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)