ジオマンシー占いをして自分で自分を占ってみよう

【ジオマンシー占いって?】

近年注目を集めている占いといえば、ジオマンシー占いです。聞いた事がある方も多いのではないでしょうか?では改めてこの占いについて勉強していきましょう。
まずジオマンシーとは別名ゲオマンシーとも呼ばれています。このジオは大地、マンシーは神託を意味しています。つまり日本で言う土占いです。日本ではあまり馴染みがない方法ですが、世界では古くから利用されている占術になります。特にアフリカやヨーロッパで行われていた占術です。ジオマンシーは土や石を宙に放り投げ、地面に出来た形によって占術でした。しかし時代の変化と共に方法は簡単になっています。結果の見方が以前と変わらず出来た形で解釈するので、古くから伝わるジオマンシー占いなので安心してやってみましょう。

【ジオマンシー占いの特徴は?】

ジオマンシー占いの特徴は何といっても簡単で、自分でも行う事が出来ることです。しかもそれがよく当たるんです。それが話題になり近年注目を集めています。
ジオマンシー占いに使用するのはペンと紙だけ、というのも特徴です。つまり思いたった時にいつでも占うことができます。しかも自分で自分を占うことができるので、一度やり方などを覚えてしまえば気が向いた時にいつでも占う事ができるのも魅力であり、特徴の一つです。また占いにかかる時間もたった数分で、短時間で行うことができます。そのためジオマンシーは自分で行うことができる占いの中でも、今特に注目を集め実際に試している方が多いのです。しかもよく当たるので行う方が増えているのも特徴です。

<ジオマンシー占いで占える事柄>

具体的にジオマンシー占いで占えるのはどのような事柄なのでしょうか?一番気になるのはそこです。では具体的に上げていきましょう。
ジオマンシー占いは運勢の他に恋愛についても占うことができます。またイエスかノーかということも占う事が可能な他、試験や試合についても占うことができるのです。つまり数多くの事柄について占うことができます。しかし過去の選択について占うことは難しいので注意しましょう。またジオマンシー占いを行う時は一度に複数の事柄について占うのではなく、一つの事柄に集中して占うようにしましょう。
簡単な方法で自分で占うことが出るので、毎日の運勢について占う方が多いようです。また大切な日に合わせて行うことも多いと言えます。

<ジオマンシー占いのやり方>

では具体的なやり方についてご紹介します。
まず質問を絞り、より具体的に何が知りたいか決めます。次に頭の中でその質問を考えながら、無心で紙にペンで点を書いていくだけです。それを4回繰返します。それをそれぞれ数え奇数か偶数を出し、横に奇数の場合は1つ、偶数の場合は2つ点を書きます。この時1回目から順に縦に書くのがポイントです。
結果は1回目から順に縦書きした点を見て判断します。この点をジオマンシーではシンボルと呼びます。そしてそのシンボルがどの形を示しているのかで、結果を見ることができるのです。全部で16パターンありそれぞれの意味を知ることができます。ただし最初に意識して点を書くと正しい結果が出ないので注意が必要です。

<ジオマンシー占いの結果は何を示す?>

ジオマンシー占いのシンボルの形にはそれぞれ名前と意味があります。またその形が何を表しているかも決まっています。
例えば4つ全て偶数だった場合、形の意味は民衆です。そしてそのシンボルの名前はポプルスと言います。この他にもこの形が示す運勢や答えがあります。全16種類のパターンにそれぞれ同じように名前や意味があるのです。またこれから読み解くことができるのは、イエスかノーか、恋愛に関してなど幅広く占うことができます。つまり簡単な方法で結果の見方もシンプルですが、それが示す事柄はとても多いということです。そのためそのシンボルの形についてより詳しく理解することで、自分が求めている答えにより近づくことができます。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)