不妊治療と闘っていく

不妊治療を始めて早一ヶ月半が経ちました。不妊治療をしている方の中にはもう何年も治療をしているという方も沢山いらっしゃると思います。自分としては一ヶ月半前に不妊症と判明し、それを受け入れるのに日々苦しみ、この一ヶ月半が長く感じられました。
でも自分にとっては治療を始めた事で良い事もありました。まず無月経だったのが、薬のお陰で月経が半年ぶりに来た事です。月経が来ない事には不妊治療を始められませんので、これは本当に良かったと思いました。嬉しくてお赤飯を炊いてしまったくらいでした。月経が来てお赤飯を炊くのって普通は初潮の時だけなのですが、それくらい嬉しかったという事です。
それからホルモンの数値の異常がそれほど酷くなかった事です。異常があるのは現実ですが、そこまで悲観するほど悪くはないようで希望が見えて来ました。
私は月経周期が長いので、本当にゆっくりとした治療になっています。それが歯痒いですし、時間がもったいないようにも感じてしまいます。不妊治療を始めてからまだ一周期なので、これからどうなるのかまだまだ分かりません。でも根を上げないで頑張っていこうと思います。そしていつの日か思い切り笑える日が来たら嬉しいです。