「レバレッジ」「スワップポイント」そして「テクニカル分析とファンダメンタルズ分析」について

「レバレッジ」「スワップポイント」そして「テクニカル分析とファンダメンタルズ分析」について
最近、株式投資等に並ぶほど人気となっているのが「外国為替保証金取引=Foreign eXchagi」通称「FX」と呼ばれているものになります。FXを簡単に説明しますと、お金を買いお金を売る、つまり日本円で外国のお金を買い、それを両替する事で発生する差額分を儲けるテクニックなのです。まだFXに関する情報は少なく、株式投資ほど一般的ではありませんので、何となく難しそうなイメージを抱くかもしれませんが、実はスマホやパソコンからでも簡単に、しかも少額から取引ができますので、幅広い年齢層の方に人気の投資となっています。では、早速FXを始めてみたいと考えている方へ、FXに関して知っておきたい用語を、分かりやすく説明していきますので、是非参考にしてFXに挑戦してみてください。
レバレッジとは?
FXを始めるにあたって、レバレッジ(てこ)と言う言葉を頻繁に耳にする機会があると思います。レバレッジとは手元の取引保証金にかける倍率の様なものになります。日本では現在25倍までレバレッジをかけることができ、例えば取引保証金が五万円だとしたら、この5万円に10倍のレバレッジをかければ、50万円×10=50万円、つまり50万円の金額でトレードを行う事ができます。
しかし、レバレッジをかける事はそれに伴うリスクもある程度覚悟をしておく必要があるかもしれません。それは、株式と同じくFXには相場の変動があるからです。FXは少ない金額で始められるのが魅力ですが、レバレッジがある事によって大きな金額の儲け、又は大損もする可能性(レバレッジ効果による、ハイリスク・ハイリターン)の取引であると言う事も、視野に入れておきましょう。
現在、レバレッジでは最小の取引金額として、平均一万通貨単位となっていますが、FXのトレードに慣れていない初心者がレバレッジをかけるのであれば、金額をなるべく小さく抑えておくことで、低リスクのトレードに挑めるかと思います。
スワップポイントとは?
レバレッジと同じくFXに欠かせない用語に、スワップポイントがあります。これはFXを開始した誰もが一番気になる、通貨取引の金利差で発生する利益の事を差します。世界レベルで見ると、日本円は金利が大変低いのですが、例えばドルやユーロ等を比較して見てみると、大変高金利な事が分かります。金利が高ければ、それに伴う利子も大きくなりますので、これがFXの取引において特をする売り買いであれば、有利に働きますし、FX最大の魅力の1つなのです。そして、この金利差が開いている通貨に狙いを定めて、低金利の通貨を売却し、高金利の通貨を購入します。その状態を長くキープし続ける事で、キープした期間分の利益が発生するのです。その利益の事をスワップポイントと言い、プラスして受けとる事ができるのです。
しかし、高金利の通貨を売却し、低金利の通貨を購入した場合には、その状態をキープしてしまう事で、逆にこちらがスワップポイントを支払わなければなりませんので、そこも注意しながら慎重にトレードを行う事が大切です。やはり、FXにおいては、そういった金利差による利益を狙う事が、元々の目的になりますので、為替の変動を上手く利用して、なるだけ大きな利益を上げたいところです。なるだけ円高を狙って通貨を購入しておき、円安のタイミングに通貨を売却すれば、為替の差額分にプラスして、スワップポイントによる利益も見込めますので、初心者であれば、少しづつ経験を積んでマイナスにならない様なトレードを心がけていきましょう。
テクニカル分析とファンダメンタルズ分析とは?
いきなりテクニカル分析、ファンダメンタルズ分析と言われても初心者には、ちんぷんかんぷんかと思いますが、株式投資を始めとするありとあらゆる投資には、お金の動きを読む手法がある程度必要と言われています。それを大まかに二分したのがテクニカル分析とファンダメンタルズ分析です。簡単に言えばテクニカル分析とは、単純に過去や現在のチャートに基づいて相場の展開を先読みする方法ですが、これは初心者の投資家であってもベテランであっても、基本として抑えておきたい手法になります。
しかし、テクニカル分析のみのトレードで確実に利益を挙げられるのは、テクニカル分析が割りと有利に働くと言われている、短期的なトレードで利益を上げ続けているベテランの投資家か、短期、長期共に何度かトレードの経験があり、数字の動きを読むのと直感力に優れた投資家かもしれません。それに対して、テクニカル分析のチャートのみに留まらない、世の中の情勢、経済指標、天気等、ありとあらゆる事も全て含めて、相場を分析していく方法が、ファンダメンタルズ分析になります。一般的にファンダメンタルズ分析は、幅広く掴み所が無いので難しそうなイメージを持つかもしれませんが、単純に過去の経済ニュースを軽く遡り、日本の経済状況の流れを見ていくだけでも、FXにおいてはトレードのタイミングを図る目安や、ヒントになるかもしれないのです。
実は、毎日ニュースをチェックして世の中の景気を気にするだけでも、ファンダメンタルズ分析を無意識に行っている様なものですので、少しづつでも世の中の動向に目を向ける事が重要かもしれません。特に、FXの初心者であっても、長期に渡って取引を行って行きたいと言う方でしたら、ファンダメンタルズ分析を活用していくと、より相場を読み易くなってくるかと思います。やはり、長期になればスワップポイントによる利益を得るタイミングも気にしながらのトレードになりますので、世の中の流れは通貨の相場と密接な関係にありますし、知っておきたいところです。
現在のところ、テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析の、どちらの手法を使って相場の分析していくのが良いのか、ハッキリと言えるものではありませんが、両方を上手く使いこなせると、予想のバランスが良くタイミングを逃しにくいのかもしれません。
以上が、FXをこれから始めてみたいと言う方が覚えておくと便利な用語と簡単な説明になりますが、FXにはまだまだ沢山の用語や手法があります。しかし、全てを勉強してから始めようとすると、かえって難しく感じてしまうかもしれません。先ずは、負担の少ない少額の投資から開始してみて、少しづつFXについて学びながらトレードされてみる事をお勧めします。

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)