オルニチンとは?

オルニチンは肝臓の働きを助けたり
成長ホルモンの分泌を促すアミノ酸の一つです。
オルニチンは遊離アミノ酸というタンパク質にならない単独で存在する
アミノ酸として人体にもともと備わり体内を循環していますが
食物からも摂取して体内に取り込むことができます。
体内に取り込まれたオルニチンは腸で吸収されて
腎臓や肝臓、筋肉に送り込まれ体内で活躍します。
オルニチンは体内で生成された毒を無毒物質に変える働きも担っています。
オルニチンは肝臓の働きを正常に保って腎臓の負担を軽減し
疲労回復のお手伝いもしてくれている人体にとって非常に有効なアミノ酸です。
成長ホルモンの分泌を促進させる効果もあります。
成長ホルモンの促進により筋肉の増強やダイエットに効果があるといわれています。
意外と知られていないオルチニンですが人体にとって
必要不可欠な成分だということです。
【オル二チンならしじみ習慣】