ランサー・エボリューションの進化について

まず、ランサー・エボリューション?は、ベースはランサーGSR1800ですが、これにギャランVR-4に搭載していた2Lインタークーラーターボエンジンをチューニングして搭載し、セダンをスポーツに仕立て、ここからランサーエボリューションの進化が始まります。

ランエボと言う名でお馴染みですが、ランエボ?は1994年に登場し、インタークーラーを大型化・ホイールベースなどを拡大するなどして、限定5000台が作られました。

ランエボ?は、パワーを向上させ、出力は270psを達成して限定5000台。

ランエボ?では、出力280psを達成し、アクティブコントロールを初採用しました。

ホイールはOZを履いているのもいいですね。

ランエボ?は、ボディーをワイド化して全幅1770?と、初めて3ナンバーサイズになりました。

ランエボ?が登場してから、毎年のようにどこかしら向上させて、次々と進化していくランエボですが、やはり280psで4WDなのでラリーの為に作られた車なんだなと感じますね。

ボディーは小さいのに、リヤにも大きなスポイラーが付いているので、速いのは当たり前ですが、まさに羊の皮を被った狼と言っても良いでしょう。

ランエボの永遠のライバルはスバル・インプレッサでしょうが、まだまだランエボの進化は止まりませんよ。



潜在数秘術 初級動画セミナー。自然に自分の能力を発揮しませんか?