レガシィツーリングワゴンに関すること

レガシィツーリングワゴンを乗りはじめて、6年がたちました。

この車には色々な思い出があります。

ドライブはもちろん、スキーに行ったり、引っ越しのさいに家財道具を運んだり役にたっています。

軽い事故も経験しました。

車のない生活は考えられません。とくに今の車は沢山の思い出があるので、なかなか手離せません。

日本人は本当に新しい物が好きですよね。私は愛着が沸いたものに関しては、長く使いたいという考えです。そういう意味では、この車は少しでも長く乗りたい車なので、多少の故障なら自分でなおせるくらいになりました。

愛車とはそういう物だと思います。今まで乗りたかった車を選んで、高いお金を払って買ったのだから、愛着が沸かないわけがありませんよね。

しかし、限界はあります。維持をするにはそれなりにお金もかかります。税金についても、日本では古い車ほど高いのですから、皆が買い換える理由は少し理解できます。

まだ使える物を手離す悲しさだけでは、維持をしていくのは困難です。

しかし、その厳しい維持費を払ってでも乗り続けたい車、レガシィツーリングワゴンに出会えたことはとでも幸せなことだと思っています。

欲を言えば、私の子供が大きくなって、今の車を引き継いでくれたら嬉しいです。



潜在数秘術 初級動画セミナー。自然に自分の能力を発揮しませんか?