レクサスLS高級車について

日本の車製造技術、販売技術はとてもレベルの高いものがあります。

私達が普段何気なく乗っている車ですが、その中身はとても複雑なものです。 アクセル、ブレーキそしてハンドルなど、 特にレクサスのLSなどでは全て電子制御されているのをご存知ですか。 昔はほとんどがワイヤーなどのアナログ 操作を行ってきました。しかし、安全性や燃費性などを考慮しなければならなくなり、電子制御化が進んできました。

レクサスの電子制御の進歩は目まぐるしく、燃費のことを言えばアクセルを大きく踏み込んでも、スピードが出ない、エンジン回転が大きく上がらないように制御できるようになっています。 さらに、車が前方にいる人や車を認識して衝突を未然に防ぐ、自動にブレーキを掛けるシステムまで開発されるようになりました。 これからもますます、電子化が進むでしょう。

しかし、少し寂しい面もあります。 車とは、自分が思うままに操ることがで きるものです。 思い通りのコースを走らせたときの喜びも、実際には電子制御で操られていたと いうことなのです。安全面で考えればこ れが正解なのでしょうが、操る面白さという面で考えれば、きっと電子制御ではない方が正解だと思います。

車を走らせるほんとうの楽しさを、これからもメーカー側は忘れないで欲しいと 感じます。


潜在数秘術 初級動画セミナー。自然に自分の能力を発揮しませんか?