車に関すること

いろいろな車のボディーサイズがありますが、私はコンパクトカーがとても好きです。

今まで2台、コンパクトカーを乗ってきました。それも、スズキのスイフトスポーツやトヨタのビッツRSなどのどちらかというとコンパクトカーの中でもスポーティーなモデルです。

排気量が小さな車は遅いとか、走りが悪いとか言われますが、こういったホッイモデルはとても素晴らしい能力を持っています。排気量はそのままで、ターボを搭載されていることで、コンパクトカーの魅力を最大限に発揮されていると感じます。

まず、コンパクトカーならではの軽いボディーの魅力です。車が軽いというのは最大のメリットなのです。軽いことで少しの力で出だしの走りを快適にすることができるのですから、その軽いボディーへのターボ搭載は、驚くほどの発進力です。少しアクセルを踏み込んだだけで、シートに押し付けられるような感覚は、他の大排気量車を購入することが嫌になると思います。

そして、取り回しの良さもコンパクトカーにはあります。日本は狭いというのは昔も今も変わっていません。山道や裏道は、離合しにくい道がまだまだ多くあります。そういった道をストレスなく走るには、コンパクトカーは選択肢から外すことはできないのではないでしょうか。



潜在数秘術 初級動画セミナー。自然に自分の能力を発揮しませんか?